高尾山~世界で一番登山客の多い山~ 


標高
高尾山599.2m(花の百名山・関東百名山)、城山670.3m
山域
中央線沿線
登山日
2013年4月14日(日)、晴れ、14℃
歩程
合計3:10
歩行距離
6.8km
標高差
179m
累積標高差
+352m、-533m
登山口
高尾山ケーブルカーmapon
交通機関
 登山:高尾山ケーブルカー、 下山:西東京バス
登山コース
高尾山ケーブル-高尾山-城山-小仏峠-小仏バス停
コースmap
高尾山

 

山行の記録

 コースタイム

ケーブル山頂駅9:00-(0h30)-薬王院9:30/35-(0h20)-高尾山9:55/10:05-(0h50)-一丁平10:55/11:05-(0h20)-城山11:30/12:30-(0h20)-小仏峠12:50/13:00-(0h50)-小仏バス停13:30

 

 高尾山山頂駅~薬王院~高尾山

京王線の高尾山口駅に降り立つと駅前はたくさんの人で溢れています。何処かのツアー登山、職場の中のも若者グループ、家族連れなどなど、この山の人気の高さがうかがえるところです。

琵琶滝コースや稲荷山コースへと向かう人を左手に眺めながらケーブルカーは山頂駅へと登って行きます。線路沿いの桜はすでに葉桜の時期を迎えミツバツツジが赤紫の花を付けていました。

高尾山の登山口
高尾山のケーブルカー駅
参道の先に洗心門
霊気満山の扁額を掲げる洗心門

ケーブルカーの山頂駅からは観光客と一緒に薬王院を目指すことにします。参道には、土産物屋やタコ杉、サル園などなどここはまさに観光地そのものです。

しばらく進むと霊気満山の扁額を掲げる洗心山門です。ここからは朱塗りの灯篭が立ち並ぶ参道を進んでいきます。さらに進んだところが男坂と女坂の分岐点です。

朱塗りの灯篭が立ち並ぶ参道
108段の石段を登る男坂
土産物屋の前にはたくさんの石碑
薬王院の四天王門

左手の男坂は108段の石段を登るところです。やがて右手から女坂の道を合わせると薬王院の四天王門にたどり着きました。

高尾山は真言宗智山派の寺院で、川崎大師、成田山とともに関東三大本社の一つに数えられる古刹です。

薬王院の境内
薬王院の本堂
飯縄権現の扁額と注連縄
ホラ貝を鳴らし僧侶が薬王院へ

天平16年(744年)、聖武天皇の勅命により行基菩薩が開山、そのご永和年間(1375~1379年)、京都醍醐寺から峻源大徳が飯綱権現を守護神として祀ったこと言います。飯綱権現は戦国武将の守護神として崇拝され、北条氏や徳川氏との手厚い保護を受けていたと言います。近くの大山もそうですが、ここは仏教と山岳修験道が混在する神仏混合の歴史が続いていたのでしょう。

石段を登ると御本社
カラス天狗が護る神殿
極彩色の彫刻が施された御本社
御本社の脇には福徳稲荷

折から飯綱権現の本堂では僧侶による読経が始まろうとしています。辺りに響くホラ貝の先導で赤い傘をさした僧侶の列が本堂へと向かっていました。

急な石段を登ると赤い鳥居の先に御本社です。カラス天狗が両脇を固める神殿は飯綱権現を祀るところで、その傍には福徳稲荷や飯綱大権現の社も祀られていました。急な階段を登った奥社から遊歩道のような道を登って行くと高尾山の山頂です。

さらに石段を登ると奥ノ院
奥ノ院の後ろに浅間社
十三州見晴らし台と言う高尾山の山頂
山頂に三角点

広く開けた山頂では家族連れなどがベンチに腰を下ろしています。ここは十三州展望台と呼ばれるところですが春霞に覆われた山頂からは展望を期待すべくもありません。富士山の山頂が見えると言う大見晴園地も丹沢の山並みが霞んで見えるだけでした。

 コース GPSmap

 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

その他のコース・山行記録
TAG:高尾
 訪問者数 今月:46件
 Back