弘前城(鷹岡城、高岡城) 


 城郭の構造:梯郭式平山城
 築城の時期:慶長16年(1611年)、津軽為信・信枚
 廃城の時期:明治4年(1871年)
 主な城主:津軽氏
 所在地:青森県弘前市下白銀町1
 訪問日:2001年8月11日

 

津軽氏の居城として2代津軽信牧により慶長16年(1611年)築城され、それ以降明治の廃藩にいたるまでの260年間、津軽藩政の中心となったところです。3重の濠と土塁に囲まれた城内には、天守閣と櫓、城門などが現存し現存12天守に数えられています。

玉縄城の案内板
門の先は清泉女学院

また春先には桜の花の咲き乱れる城として広く知られ、広い城内は公園にないます。天守閣は津軽氏の繁栄を紹介する資料館になっています。

 

関連記録・コース
TAG:日本百名城
 訪問者数 今月:14件
 Back