秩父観音霊場15番 母巣山少林寺 


 寺社の種類:臨済宗建長寺派の寺
 創建の時期:-
 所在地:埼玉県秩父市番場町7-9
 訪問日:2023年4月18日

 

秩父観音霊場15番の寺は少林寺です。秩父鉄道の踏切の近くで狭い道は入りにくいところです。石段を登ると白い本堂があります。扁額は五葉聖堂、天井にはたくさんの奉納札が貼っていました。明治時代、神仏分離令で廃寺となった母巣山蔵福寺、東町柳島にあった五葉山少林禅寺が合わせ札所を継承しました。その歴史が扁額の五葉の文字にも残っているようです。

少林寺の案内板
石段の上に山門
本殿は五葉聖堂
五葉聖堂の扁額
半僧坊堂
半僧坊大権現の案内板
地蔵堂
秩父事件の案内板

境内には秩父事件の歴史が紹介されています。明治17年、吉田町の椋神社で農民3000人が蜂起、生糸市場の暴落による生活困窮と当時の自由民権運動の影響で大きな暴動になったと言います。ここ少林寺にはこの戦闘で殉職した警官が祀られていると言います。

 

 少林寺のボタン

少林寺の庭園には白やピンク、黄色いボタンが咲いていました。

 少林寺のボタン
 少林寺のボタン
 少林寺のボタン
 珍しい黄色いボタン
 珍しい黄色いボタン
 少林寺のボタン

立てば芍薬、座れば牡丹は美しい女性を形容する言葉です。境内は牡丹の匂いが漂っていました。

 

関連記録・コース

 臨済宗建長寺派(りんざいしゅうけんちょうじは)

日本仏教の一宗派。臨済宗一四派の一つです。本山は京都の妙心寺、派祖は関山慧玄。

 

 十一面観音菩薩(じゅういちめんかんのんぼさつ)

六道を教化する六観音の一つ。11の顔と2臂または4臂をもった姿の観音。

 

 秩父三十三観音霊場・秩父三十三ケ所

秩父地方にある三十三ヶ所の観音の霊場。実際は三十四ヶ所あり西国三十三観音霊場坂東三十三観音霊場と合わせて日本百観音霊場とした。

 

 六観音(ろくかんのん)

六観音は六道輪廻の思想に基づき、六種の観音が六道に迷う衆生を救うという考えから生まれたもの。地獄道 - 聖観音、餓鬼道 - 千手観音、畜生道 - 馬頭観音、修羅道 - 十一面観音、人道 - 准胝観音、天道 - 如意輪観音とされる。天台系では准胝観音の代わりに不空羂索観音を加えて六観音とする。

 

 西国三十三観音霊場・西国三十三ヶ所

近畿地方を中心に散在する33ケ所の観音霊場。花山法皇の巡礼を創始とすると伝えられる。室町時代から民間人の参拝が増え、江戸時代に盛んとなった。

 

 坂東三十三観音霊場・坂東三十三ヶ所

源頼朝によって発願され、源実朝が西国の霊場を模範として制定したと伝えられてる33ヶ所の観音霊場。神奈川・埼玉・東京・群馬・栃木・茨城・千葉にかけてある札所を巡拝すると1,300キロメートルになると言う。

 

TAG:秩父三十三観音
 訪問者数 今月:38件
 Back