秩父観音霊場14番 長岳山今宮坊 


 寺社の種類:臨済宗南禅寺派の寺
 創建の時期:文明18年(1486年)、開基:見寺2世・東雄朔法
 所在地:埼玉県秩父市中町25-12
 訪問日:2023年4月18日

 

秩父観音霊場14番の寺は今宮坊です。長岳(永観2年984年寂)が大宮山満光寺として創建、その後長岳山正覚院金剛寺と改めた修験寺院だったと言います。江戸時代には今宮神社とともに今宮坊と称し神仏習合の一大霊場となりました。

今宮坊の境内
今宮坊の観音堂
観音堂
観音堂
納経所
御手水場
境内にお地蔵さん
勢至菩薩堂
白檀の木

明治の神仏分離令で、秩父三十四ヶ所札所の第14番観音だった観音堂が、今宮坊として別れたと言います。

境内の正面に観音堂があります。掲げられる扁額には正圓通閣、正圓は正観音の別名と言います。また境内には勢至菩薩堂があります。観無量寿経では「知恵を持って遍く一切を照らし、三途を離れしめて、無上の力を得せしむ故、大勢至と名づく」と言われているようです。

 

関連記録・コース

 臨済宗南禅寺派(りんざいしゅうなんぜんじは)

日本仏教の一宗派。臨済宗一四派の一つです。1291年、無関普門により始まる。本山は京都の南禅寺

 

 聖観音菩薩・正観音菩薩(せいかんのん)

六道を教化する六観音の一つ、地獄道を化益するという。1面2臂が特徴とされる。

 

 秩父三十三観音霊場・秩父三十三ケ所

秩父地方にある三十三ヶ所の観音の霊場。実際は三十四ヶ所あり西国三十三観音霊場坂東三十三観音霊場と合わせて日本百観音霊場とした。

 

 六観音(ろくかんのん)

六観音は六道輪廻の思想に基づき、六種の観音が六道に迷う衆生を救うという考えから生まれたもの。地獄道 - 聖観音、餓鬼道 - 千手観音、畜生道 - 馬頭観音、修羅道 - 十一面観音、人道 - 准胝観音、天道 - 如意輪観音とされる。天台系では准胝観音の代わりに不空羂索観音を加えて六観音とする。

 

 西国三十三観音霊場・西国三十三ヶ所

近畿地方を中心に散在する33ケ所の観音霊場。花山法皇の巡礼を創始とすると伝えられる。室町時代から民間人の参拝が増え、江戸時代に盛んとなった。

 

 坂東三十三観音霊場・坂東三十三ヶ所

源頼朝によって発願され、源実朝が西国の霊場を模範として制定したと伝えられてる33ヶ所の観音霊場。神奈川・埼玉・東京・群馬・栃木・茨城・千葉にかけてある札所を巡拝すると1,300キロメートルになると言う。

 

TAG:秩父三十三観音
 訪問者数 今月:23件
 Back