熊野神社 


 寺社の種類:村社
 創建の時期:-
 本殿の形式:-
 所在地:埼玉県入間郡越生町黒山674
 訪問日:2020年12月3日

 

社伝によると黒山熊野神社は、箱根権現社の別当だった相馬掃部介時良入道山本坊栄円が、応永年間(1394-1428)本山派修験の大寺山本坊を開山する際に勧請、したものと言います。

明治5年村社となり社号を熊野神社に改めたと言います。明治40年には八雲神社、愛宕神社、榛名神社、神明神社の四社を合祀したとされています。

熊野神社の石柱
石鳥居の先に石段
境内に御手水場
境内に社殿建設碑
拝殿前に狛犬
熊野神社の拝殿
拝殿の千社札
境内の石灯篭
黒山熊野神社の石柱
地蔵堂

地元で崇拝を集めているようですが昭和60年に不審火で焼失、昭和61年に再建されたとされていました。

 

関連記録・コース

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

TAG:熊野神社
 訪問者数 今月:12件
 Back