浅間神社 


 寺社の種類:神社
 創建の時期:-
 御祭神:木花咲夜毘売命
 本殿の形式:-
 所在地:東京都町田市小野路町5390
 訪問日:2023年1月30日

 

現地に由緒書きなどもなく詳しいことはわかりません。明治時代末、小野神社に合祀されたものの昭和26年(1951年)現在の場所に戻ったと言います。

浅間神社の社殿
拝殿
拝殿に神額
丹沢の稜線の上に富士山

境内からは丹沢の稜線の先に富士山の山頂が見えていました。

 

関連記録・コース

 木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)神阿多都比売命(かむあたつひめのみこと)、葦津姫命(かやつひめのみこと)

日本神話に登場する神様。古事記では瓊々杵命(ににぎのみこと)の妻となります。富士山の神とされ各地の浅間神社で祀られています。子育ての神、子安神としても篤く信仰されています。

 

 邇邇芸命・瓊瓊杵尊・瓊々杵尊・彦火瓊瓊杵・火瓊瓊杵(にぎにぎのみこと)・天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)

日本神話に登場する神様。天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫。天忍穂耳尊(あまのおしほみみのみこと)の子。天照大神の命で葦原の中つ国を統治するため、高天原から高千穂峰に天降ったとされる。木花開耶姫(このはなのさくやびめ)を妻とし、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)を生んだ。

 

TAG:浅間神社
 訪問者数 今月:20件
 Back