杉山神社(戸部杉山神社) 


 寺社の種類:式内小社、旧村社
 創建の時期:伝白雉3年(652年)と伝えられる
 主祭神:大己貴命
 本殿の様式:-
 所在地:神奈川県横浜市西区中央1-13-1
 訪問日:2018年1月16日

 

旧戸部村の鎮守で、旧武蔵国の式内社である杉山神社の論社の一つとされています。

杉山神社は周辺地域の民衆信仰の中心として鶴見川水系を中心として拡大したとされる謎の多い神社です。

石鳥居の脇に奉納提灯
境内の奥に拝殿
境内に由緒書き
御手水場
振り鈴の代わりに小槌?
杉山神社の神額
拝殿の内部

参道には狛犬ではなく狛鼠があります。鼠が大己貴命の使いであることから創建1300年を記念して建立されました。現在の本殿は昭和31年(1956年)に再建されたコンクリート造りの神殿です。

関連記録・コース

 大国主命(おおくにぬしのみこと)大己貴命・大穴牟遅神(おおなむちのみこと)

出雲神話の神。素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子または孫です。少彦名神(すくなびこなのかみ)とともに、中つ国の経営を行っましたが、天照大神(あまてらすおおみかみ)の使者が来ると国土を献上してみずからは隠退しました。

大黒天と同一視されるようにもなりました。因幡(いなば)の白兎の神話は唱歌にも歌われています。

 

 素戔嗚尊・須佐之男命(すさのうのみこと)

日本神話に登場する神で出雲神話の祖神とされています。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の子で天照大神の弟とされています。

高天ヶ原で多くの乱暴を行ったことで天照大神が怒り天の岩戸にこもり、高天ヶ原から追放されました。出雲に下り八岐大蛇を退治し奇稲田姫命(くしなだひめ)を救ったとされています。

 

 天照大神、天照大御神(あまてらすおおかみ)大日女尊(おおひるめのみこと)・大日霊貴神(おおひるめのむちのかみ)

日本神話で高天原(たかまがはら)の主神。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の娘。太陽神であり皇室の祖神として伊勢神宮の内宮に祭られています。

素戔嗚尊(すさのおのみこと)の乱暴に天の岩戸にこもり国中が暗闇になったという岩戸神話や孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を葦原中国に降臨させた天孫降臨の神話が知られています。

 

TAG:杉山神社
 訪問者数 今月:21件
 Back