叡昌山妙隆寺 


 寺社の種類:日蓮宗の寺院
 創建の時期:至徳2年(1385年)、千葉胤貞が開基、日英が開山
 本尊:釈迦牟尼仏
 所在地:神奈川県鎌倉市小町2丁目17-20
 訪問日:2015年1月13日

 

御家人千葉常胤の子孫、千葉胤貞の別邸である千葉屋敷跡に建つ日蓮宗のお寺です。また鎌倉七福神の寿老人を祀るお寺です。

参道の先に山門
案内板
境内の奥に本堂
寿老人堂

妙隆寺は日親上人ゆかりの寺です。足利将軍家の日蓮宗への改宗を目論み、永享12年(1440年)立正治国論を著して直訴を試みたが投獄されました。拷問を受けた際に灼熱の鍋を被せられたまま説法たとされ「鍋かぶり上人」「鍋かぶり日親」と呼ばれています。

なべかぶり日親上人の案内板
本堂
なべかぶり日親上人
宝篋印塔
関連記録・コース

 日蓮宗(にちれんしゅう)

仏教の一宗派。鎌倉時代に日蓮が開いた。法華経を所依(しょえ)とし南無妙法蓮華経の題目を唱える実践を重んじ、折伏(しゃくぶく)・摂受(しょうじゅ)の二門を立て、現実における仏国土建設をめざす。

 

 釈迦(しゃか)釈迦如来(しゃかにょらい)

仏教の開祖。世界4聖の一人。ネパール南部の釈迦族の王子として紀元前6から前5世紀に生まれる。苦行ののち悟りをひらきインド各地で布教して80歳で没したとされる。

はじめは実在の釈迦をさしたが入滅後、超人化・神格化されて信仰・崇拝の対象となる。日本には6世紀、百済からその教えがつたわった。

 

 鎌倉・江の島七福神

鎌倉市・藤沢市にある8箇所の社寺から構成される七福神めぐりの札所。

浄智寺(布袋尊)、鶴岡八幡宮(旗上弁財天)、宝戒寺(毘沙門天)、妙隆寺(寿老人)、本覚寺(夷尊神)、長谷寺(大黒天)御霊神社(福禄寿)江島神社(江島弁財天)

 

 鎌倉・江の島七福神

鎌倉市・藤沢市にある8箇所の社寺から構成される七福神めぐりの札所。

浄智寺(布袋尊)、鶴岡八幡宮(旗上弁財天)、宝戒寺(毘沙門天)、妙隆寺(寿老人)、本覚寺(夷尊神)、長谷寺(大黒天)御霊神社(福禄寿)江島神社(江島弁財天)

 

 日蓮(にちれん)・立正大師

鎌倉時代の僧。日蓮宗の開祖。安房小湊の漁師の子という。17歳ころから鎌倉・比叡山などで11年間修行研鑽し、法華経こそ至高の経典であるとの確信を得、1253年故郷の清澄山頂で題目を高唱して開宗した。

 

TAG:鎌倉七福神
 訪問者数 今月:12件
 Back