瀧轟山満願寺別院(等々力不動尊) 


 寺社の種類:真言宗智山派のお寺
 創建の時期:阿闍梨祐栄(慶安5年1652年寂)が開山
 本尊:不動明王
 札所:玉川八十八ヶ所霊場33番、関東三十六不動霊場17番
 所在地:東京都世田谷区等々力1丁目22-47
 訪問日:2023年6月21日

 

等々力不動尊は等々力満願寺の別院です。鎌倉時代、真言宗を中興した興教大師覚鑁(1095~1144年)が霊夢に従い当地に至り役行者自刻の不動明王像を安置して開創したと伝えられるところです。

山門は昭和43年、本寺である満願寺の改築により移築。本堂は江戸末期の建造と言います。

等々力不動の山門
等々力渓谷の案内板
草木供養碑
境内の大師堂
不動堂の大提灯
不動堂
懸崖造りの展望台

境内に立つ展望台からは緑に包まれた等々力渓谷が眺められます。ここからは奉納旗が続く石段を下り不動滝、等々力渓谷へと下っていくことができます。

 

 真言宗智山派(しんごんしゅうちざんは)

真言宗の新義真言の一派。宗祖覚鑁(かくばん)は真言宗の教義に念仏を加味し、高野山の大伝法院にあって布教に努めた。その教勢が高野本山をしのいだため紛争を生じ1140年円明寺を開いて分立した。

 

 不動明王(ふどうみょうおう)

五大明王・八大明王の主尊。悪魔を下し仏道に導きがたいものを畏怖せしめ、煩悩を打ちくだくと言います。

忿怒の姿で火焔の中にあり、右手に剣、左手に索縄を持ち、心の内外の悪魔をはらうとされています。

 

 真言宗(しんごんしゅう)

弘法大師空海(774~835)が唐で学んだ密教を教義に平安初期に開いた。大日如来を教主とし、身口意(しんくい)三密の加持力で即身成仏(じょうぶつ)させるのを本旨とする。

 

 訪問者数 今月:20件
 Back