四津山神社 


 寺社の種類:旧村社
 創建の時期:-
 御祭神:愛宕神(勝軍地蔵)
 本殿の形式:-
 所在地:埼玉県比企郡小川町高見1125
 訪問日:2023年4月10日

 

かつては愛宕神社と呼ばれ山麓にある高見山明王寺の境内鎮守でした。本殿には明王寺の住職重誉が京都から受けてきた勝軍地蔵像が納められていると言います

四津山神社の参道
村社の石柱
参道に再建記念碑
石鳥居
参道に石灯篭
石段の脇に石碑
不動明王堂
女道が分かれています
見上げる男坂の石段
四津山神社の拝殿
拝殿に神学
見下ろす男坂の石段

明治40年、高見の地内から辺取神社、阿夫利神社、疱瘡神社、尺司神社、六所神社、浅間神社、天神社、八雲神社、熊野神社、能増の地内から八幡神社、菅原神社の計11社を合祀し四津山神社としたとされています。

 

 訪問者数 今月:25件
 Back