報徳二宮神社 


 寺社の種類:旧県社・別表神社
 創建の時期:明治27年(1894年)
 御祭神:二宮尊徳
 本殿の形式:神明造
 所在地:神奈川県小田原市城内8-10
 訪問日:2023年3月27日

 

報徳二宮神社は二宮尊徳を祀る神社です。二宮尊徳は江戸時代後期の思想家・教育家・実業家です。

農村の救済・教化運動を行い報徳社を設立しました。尊徳が亡くなった後も報徳社は存続し、関東・東海地方を中心に活動を行っていました。

二宮尊徳翁像
桜が咲く参道
御手水場
二の鳥居
薪を背負った二宮金次郎像
祈祷殿
拝殿
拝殿

参道は桜の花が満開、薪を背負った二宮金次郎の銅像があります。小学校の校庭にも金次郎像が設立されていました。戦前の軍国教育の象徴となっていたことから児童の教育方針にそぐわないとされ多くの学校から撤去されています。

薪を背負って本を読むのが歩きスマホを連想するとして、座って本を読む金次郎像が設置されたという記事をネット上で見たことがあります。時代は変わっているということでしょう。

 

 訪問者数 今月:18件
 Back