topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 白岩滝から南沢あじさい山 


標高
麻生山792m、タルクボ峰680m
山域
奥多摩
登山日
2022年6月19日(日)、晴れ
歩行時間
行動時間 6:40、歩行時間 5:15
歩行距離
11.8km
標高差
480m
累積標高差
+660m、-785m
登山口
白岩滝入り口mapon
交通機関
 西東京バス・白岩滝入り口
登山コース
白岩滝入り口~白岩の滝~麻生山~タルクボ峰~南沢あじさい山~武蔵五日市駅
コースmap
南沢あじさい山(GoogleEarthで作成)

 

 コースタイム


白岩滝入り口8:35~白岩の滝9:00~東尾根道分岐9:20/25~麻生平10:00~710m付近10:10/20~麻生山10:35/50~タルクボ峰11:30/12:00~515m付近13:00/15~あじさい山14:05/15~武蔵五日市駅15:15

 

 白谷滝入り口~白岩の滝~麻生山


梅雨の天気は変わりやすく天気予報も難しいのか、数日前の天気予報では曇り一時の予報でしたが朝から青空が見えています。

武蔵五日市駅からはつるつる温泉行きのバス、この時間から温泉へと向かう人はすくないのか、8時5分のバスを逃すと9時20分までバスがありません。奥多摩も武蔵五日市からのバスの便はあまり良くないようです。

つるつる温泉行きのバス停
白岩滝への林道

白岩滝入り口でバスを降りたのは我々のほか単独行の若者だけです。集落に中を僅かに登ると白岩の滝遊歩道の案内板です。

タルクボ沢のかかる滝は大小合わせて18と言います。階段を登って行くと雨乞橋、小滝の脇を登って行くと不動橋があります。

白岩の滝遊歩道の案内板
階段を登ると雨乞橋
小滝がかかっています
対岸の岩壁にはイワタバコ

かつてこの先は雨乞が行われていたところと言います。さらに登ると三段になって流れる白岩の滝がありました。滝の傍の斜面は崩れ落ち、護岸の沿って長い丸太がかけられていました。

白岩の滝
白岩の滝
崩壊地には丸太がかかっていました
滝を見下ろしながら遊歩道を登り
小滝がかかっています
瀬音を立てる流れも細くなり

白い飛沫を上げる滝を眺めながら沢沿いの遊歩道を登って行きます。やがて流れも緩やかになってくると林道にたどり着きました。ここは麻生平を経て麻生山に登って行く道と東尾根から麻生山に登る道を分けるところです。

苔で滑りやすい木の道
道標も整備されていました
鉄の階段を登ると林道
大岩の脇を登り

我々は麻生平への道を登ることとします。細くなった沢はやがて大きな岩を越えヒノキ林の中を登って行きます。たどり着いた麻生平は目の前の展望が開け青空の下に日の出山から続く稜線が見えています。バイクで登ってきた5~6人の若者が休んでいました。

ここからは麻生山へと登って行く急坂です。見上げるような急な登りに息を切らせると金毘羅尾根から登って来るハイキングコースを合わせ山頂にたどり着きました。

麻生平にはバイクの若者
細くなった急坂を登り
麻生山の山頂
広がる視界の先は所沢のドーム

目の前は視界が開けていますが梅雨時の空の下、街並みの中には所沢のドーム、その手前は日の出山から続くなだらかな尾根のようでした。

 

 麻生山~タルクボ峰~南沢あじさい山~武蔵五日市駅


麻生山からは金毘羅尾根を下って行くことにします。日の出山方向に戻り僅かに下って行くと金毘羅尾根のハイキングコースです。

麻生平からの道を右に分け
金毘羅尾根のハイキングコースを下り

このコースは日の出山から武蔵五日市へと続く人気のコースで、トレランの若者も多いところです。五日市方面からは20人ほどの中高年の一団、軽装の若者も登ってきていました。

緩やかに下って行くヒノキ林の中の下り、良く踏まれているものの木の根がうるさい道です。昨日の雨が朝方まで残っていたようで道も少し湿っています。展望が利かないコースですが初夏の日の光に悩まされることもありません。時々涼しげな風も通り抜けていました。

ヒノキ林の道を下って行きます
途中からタルクボ峰に
雑木林の中の急坂
送電鉄塔のピークは展望に恵まれない

左手が伐採された道の右手がタルクボ峰、急な雑木林を僅かに登って行くと送電鉄塔がそそり立つ小さなコブの上です。木立の脇から視界が開けているだけの草原の頂でした。

ここからも単調な下りが始まります。左に分かれる道は白岩山、真藤ノ峰、勝峰山へと続く道で、ロンデン尾根と呼ばれているところとか。かつて地図読み山行で訪れたことのあるところです。

再び金毘羅尾根のハイキングコース
深沢に下る道を左に分け
展望が開ける伐採地
林道を超える木の橋

しばらく下ると左手に深沢へと下る道が分かれていました。さらに瀬音の湯へと下って行く道を右に分けるとやがて展望が開けた伐採地です。目の前には戸倉三山の山々が見えていました。

林道を超える橋を渡りあじさい山への急坂を下って行きます。たどり着いたあじさいの園地はまだ4分咲きか、寒い日が続いていたこともあり花は1週間も遅れているようです。あじさいを愛でに訪れる人も少ないようでした。

あじさい山への入り口
急な木の階段を下り
あじさいはまだ4分咲か
たどり着いた武蔵五日市駅

帰りは武蔵五日市駅へ40分ほどの道程です。たどり着いた駅前はたくさんの人で賑わっていました。

 

 金毘羅尾根・あじさい山に咲く花


今年は寒い日が続いていたのか期待していたあじさいはまだ4分咲と言ったところでした。

 クワガタソウ
 サワギク
 クモキリソウ
 アジサイ
 アジサイ
 アジサイ
 アジサイ
 アジサイ・ダンスパーティ
 アジサイ

タルクボ沢にはクワガタソウが咲いています。ヤマクワガタソウに比べ鋸歯の切れ込みが深いようです。

 

 コース GPSmap


 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

 その他のコース・山行記録


TAG:秋川
 山行記の訪問者数 今月:43件 累計:218件
 Back