topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 新治市民の森から横浜高尾山 


標高
向山64m、高尾山100.4m
山域
多摩・武蔵野
登山日
2022年2月25日(金)、晴れ
歩行時間
行動時間 4:00、歩行時間 3:15
歩行距離
10.4km
標高差
57m
累積標高差
+236m、-215m
登山口
JR横浜線十日町駅mapon
交通機関
 往路・JR横浜線十日町駅、 復路・相鉄バス野分バス停
登山コース
十日町駅~新治市民の森旭谷戸~みはらし広場~横浜高尾山・飯綱神社~帷子川源流~原分バス停
コースmap
新治市民の森から高尾山(GoogleEarthで作成)

 

 コースタイム


十日町駅10:00、そうてつローゼン10:05/10~新治市民の森旭谷戸10:25~向山10:35~みはらし広場10:55~横浜創英大学10:58~霧が丘公園11:25~横浜高尾山・飯綱神社12:10/50~帷子川源流13:25~原分バス停14:00

 

 十日町駅~新治市民の森旭谷戸~みはらし広場~横浜高尾山・飯綱神社


今年は例年にない寒さが続いていました。雪の少ない関東でも1月6日、2月13日と雪が積もっていました。気温が低い日が続いていましたが今週末からようやく春らしい気温になるようです。気象庁の発表ではラニーニャ現象が継続しているとか、「冬が寒く夏は暑くなる」はラニーニャ現象のようです。

新治市民の森から横浜高尾山、帷子川の源流をたどるハイキングです。新治市民の森は横浜にある市民の森の一つで平成12年に開園された新しい公園です。公園には杉林と谷戸田が残され、横浜に少なくなった動植物が多く見られると言います。

十日市場の駅前
十日市場ヒルタウン

たどり着いた十日市場の駅前は横浜のベットタウンのようで緩やかな坂道を登った十日市場ヒルタウンにはたくさんのマンションが建ち並んでいました。

旭谷戸からは竹林の中を尾根道に向かい登って行きます。廃竹材をチップ化する作業中と言ことでウッドチッパーが大きな音を立てていました。

新治市民の森旭谷戸の案内板
廃竹材のチップ化作業を行っています
竹林の中の分岐
視界のない向山

尾根道には案内板が建っています。左手は向山と言いましが山道の途中に道標が一つ、山頂らしいピークも見当たりません。

分岐に戻り油窪へ、山道の左右はタケノコが取れる竹藪のようで道沿いに笹を利用した垣根がめぐらされています。案内図には検見坂や丸山の地名がありますが良く判らないままみはらし広場にたどり付きました。

木立の先に耕作地
タケノコ対策か竹の柵が
緩やかな山道
みはらし広場に案内板

駐車場の先は舗装道路歩きです。横浜創英大学は看護学部などのある私立の大学、守衛さんに教えてもらったフェンス脇の小径を登ると三角点があります。霧が丘グリーンタウンの建物の先には白い雪を被った富士山が見えていました。

霧が丘グリーンタウンはUR都市開発機構の大きな団地です。団地の中には霧が丘公園へと続く歩道も整備されている生活しやすい環境の団地のようです。

駐車場を超えると舗装道路歩き
横浜創英大学の細い道に三角点
霧が丘グリーンタウンから富士山
霧が丘グリーンタウン沿いの道

霧が丘グリーンタウンを抜けると環状4号線です。ここからは判り難い耕作地の中を歩くことになります。途中には椿稲荷社庚申社の社がありました。庚申社の比較的新しそうな庚申塚は青面金剛でしょうか、社に祀られた庚申塔はあまり見かけたことがありません。

トンネルの手前から坂道を登り
霧が丘公園へと続く歩道
椿稲荷社
庚申社

耕作地の中を進んでいくとフェンスの切れ目、ここから雑木林の中を僅かに歩くと東名町田インターを超える歩道橋です。さらにしばらく歩くと飯綱神社の道標がありました。

耕作地の中を進む
柵の間から雑木林の道
東名町田インターを超える歩道橋
飯綱神社の道標

山頂に飯綱神社が祀られた高尾山は展望が広がるところ、長津田十景の高尾暮雪にも選ばれています。目の前には保土ヶ谷バイパスの町田立体、国道246号線との工事はかなり時間がかかりましたが、ひどい渋滞はかなり解消されているようです。

 コース GPSmap


 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

 その他のコース・山行記録


TAG:多摩丘陵
 山行記の訪問者数 今月:14件 累計:658件
 Back