topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 よこやまの道~歴史の道と出会う丘陵ハイク~ 


標高
唐木田駅からはるひ野駅
山域
多摩・武蔵野
登山日
2021年12月13日(月)、晴れ
歩行時間
行動時間 4:35、歩行時間 3:35
歩行距離
8.6km
標高差
25m
累積標高差
+195m、-220m
登山口
小田急唐木田駅mapon
交通機関
 往路・小田急唐木田駅、 往路・小田急はるひ野駅
登山コース
唐木田駅~中坂公園~一本杉公園~妙櫻寺~古道五差路~防人見返りの峠~もみじ広場~はるひ野駅
コースmap
よこやまの道(GoogleEarthで作成)

 

 コースタイム


唐木田駅9:55~中坂公園~一本杉公園11:30/12:10~妙櫻寺~古道五差路~防人見返りの峠13:40/14:00~もみじ広場~はるひ野駅14:30

 

 唐木田駅~一本杉公園


山仲間との軽い山行は多摩丘陵のよこやまの道です。多摩丘陵に弓のように続く尾根は万葉の時代から多摩の横山、眉引き山とも呼ばれているところです。

古代より西国と東国を結ぶ交通の要衝として、鎌倉古道や奥州古道が南北に交差し古い歴史の跡が各所に残されています。また、新田義貞による鎌倉幕府の運命を決めた分倍河原の古戦場もこの近くにあります。

集合は唐木田駅、駅前を通る県道はかつての奥州古道と言います。小田急の車両基地を回り込むように進むとよこやまの道の案内板がありました。

唐木田駅
舗装道路に沿った道を歩き
よこやまの道の案内板
雑木林の道は紅葉の中

遊歩道のように整備された道は真っ赤に色付いた紅葉の中、落ち葉を踏みしめながら歩くハイキングコースが続いています。

小山田緑地への道を右に分け階段を下ると小さな園地、道端には奥州廃道の道標が建っています。案内によるとこの道は平安時代末期から都人や官僚がたどった道です。源頼義や義家の奥州追討伝説のある神社もこの道筋にあると言います。

小山田緑地への道を右に分け
小山田緑地の案内板
奥州廃道の道標
ゴルフ場わきに続くよこやまの道

ゴルフ場の脇をたどる道は勝負塚にたどり着きます。ここは古戦場伝説が残るところ。太平記によると後醍醐天皇の綸旨を受けて、討幕の挙兵をした新田義貞は小手指原の戦い、久米川の戦いで鎌倉幕府軍を破り、分倍河原で北条軍と激突しました。新田軍は苦戦を強いられましたが三浦義勝をはじめとする相模国の豪族の援軍を得、分倍河原、関戸の合戦に勝利しました。その後、新田軍は鐘掛け松の地で軍議を開き大軍に膨れ上がった軍勢を三手に分け侵攻をしました。そのうち右翼がこの地を進んだとされています。昭和30年にこの付近で頭に刀傷を負った鎌倉時代の人骨が発見されたことから、付近一帯が古戦場であったと推定されています。

展望が開けると青空の下に丹沢の稜線、蛭ヶ岳の先には真っ白な富士山の頂がそびえていました。

古戦場伝説と勝負塚
住宅地の中をたどり
丹沢の稜線の上に富士山
奥州古道(中尾道)の道標

道端には奥州古道(中尾道)の道標があります。案内板によると都と東国を結んだ奥州古道が多摩丘陵を越えるルートは西から常盤道、長坂道(奥州廃道)、中尾道がありました。足柄や箱根からこの道を通り、落合の白山神社(現在の多摩センター)、府中を目指す旅人が通ったところと言います。

一本杉公園のスダジイ
スダジイの案内板
東京都水道局の給水塔か
近くに公共基準点

 

 その他のコース・山行記録


TAG:多摩丘陵
 山行記の訪問者数 今月:16件 累計:538件
 Back