topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 上高岩山~展望台で鍋山行~ 


標高
上高岩山 1012m
山域
奥多摩
登山日
2021年12月12日(日)、晴れ
歩行時間
行動時間 5:35、歩行時間 3:50
歩行距離
7.9km
標高差
200m
累積標高差
+650m、-650m
登山口
上高岩山駅mapon
交通機関
 御岳登山ケーブル・御岳山駅
登山コース
御岳山駅~御嶽神社~あくば峠~上高岩山~長尾平~御岳山駅
コースmap
上高岩山(GoogleEarthで作成)

 

 コースタイム


御岳山駅9:30~御嶽神社石段9:55/10:00~綾広の滝上ベンチ10:40/55~あくば峠11:25~上高岩山展望台11:45/12:55~長尾平14:25/40~御岳山駅15:05

 

 御岳山駅~御嶽神社~上高岩山展望台


山仲間との忘年山行は奥多摩の上高岩山です。何度も訪れるお馴染みのコースで忘年会を兼ねた鍋山行です。

青梅線の御嶽駅前で集合、ケーブル下へ向かう西東京バスは思いのほか多くのお客さんで臨時のバスが運行されていました。

ケーブルカーの御岳山駅からは表参道歩きが始まります。まだ紅葉も残っていますが、やはり奥多摩の冬はもう目の前に迫っているようです。数年前の12月の中頃、日の出山に登ったときは山頂に雪が積もっていた記憶が残っています。

ケーブルカーの御岳山駅
神代ケヤキへの登って行く急坂
御嶽神社の石段
石段の途中からロックガーデン方面へ

御嶽神社の石段の途中でロックガーデン方面に、登り初めが遅かったこともあり綾広の滝が近づくようになると大岳山から下ってくる人も見かけるようになります。すっかり葉を落とした坂道を登るとあくば峠、樹林帯の尾根道を左に進むと上高岩の展望台にたどり着きました。

見上げる天狗の腰掛杉
ロックガーデン入り口の休憩小屋
すっかり葉の落ちた登山道を登り
もうひと登りであくば峠

展望が広がる展望台には数名のパーティが昼食の最中、我々も担いできたかぼちゃのホウトウ鍋です。

あくば峠からは樹林帯の道
上高岩の側を通り抜け
小さな岩場を登って行きます
展望が広がる上高岩の展望台

しばらくするとスマホの地震速報の音が鳴りだします。震源は茨城で震度は4と言うことでしたが鉄骨造りの展望台では思いのほか揺れが大きかったでした。

 

 上高岩山展望台~長尾平~御嶽神社~御岳山駅


目の前には御岳山とそれから続く稜線の先に日の出山。その奥には岩茸石山から棒ノ折山の稜線、青く連なる稜線は丸山から続く奥武蔵スカイラインの山々のようです。

目の前は御嶽神社
山頂でホウトウ
かぼちゃのホウトウ
上高岩展望台を後に

新型コロナの感染拡大で山鍋をする機会も少なくなりましたが、コロナウィルスも10分ほど過熱すると死滅するとか。手指など消毒をしっかりすると感染の危険はないのでしょうが緊急事態が出ている間はやはり二の足を踏んでしまうのが現実です。オミクロンの感染が広がらず安心して山行ができればと願うところです。

小さな岩場を下り
あくば峠から道を右に
木橋を渡ります
ロックガーデン入り口を右に分け

帰りは往路をたどりケーブルカーの山頂駅へ、途中、長尾平のベンチで最後の一休みです。ロックガーデンを回ってきた家族連れ、職場の同僚なのか焼き肉を楽しむパーティなど、ベンチは多くの人で賑わっていました。

長尾平はたくさんの人
参道の裏手を下って行きます
低くなり始めた秋の日を背に
ケーブルカーに御岳駅は目の前

低くなり始めた秋の日を浴びながら表参道を下って行くとケーブルカーの山頂駅です。下りのケーブルカーもたくさんの人で賑わっていました。

 

 コース GPSmap


 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

 その他のコース・山行記録


TAG:大岳山
 山行記の訪問者数 今月:133件 累計:296件
 Back