topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 御岳山からロックガーデン 


標高
御岳山929m、ロックガーデン
山域
奥多摩
登山日
2021年8月28日(土)、薄曇り
歩行時間
行動時間 4:05、歩行時間 2:50
歩行距離
6.0km
標高差
55m
累積標高差
+395m、-395m
登山口
圏央道・日の出ICから19kmmapon
交通機関
 往路:自家用車・滝本駐車場、 御岳山ケーブル御岳山駅、 復路:御岳山ケーブル御岳山駅、 自家用車・滝本駅
登山コース
御岳山駅~神苑の森コース~御岳岩石園入り口~綾広の滝~天狗岩~長尾平~御岳山ビジターセンター~御岳山駅
コースmap
御岳山からロックガーデン

 

 コースタイム


御岳平8:50~神苑の森出口9:15~天狗の腰掛杉9:35~御岳岩石園入り口ベンチ10:00/20~綾広の滝10:25~天狗岩10:55/11:00~長尾平11:25/12:05~御岳山ビジターセンター12:30/40~御岳山駅12:55

 

 御岳山駅~神苑の森コース~御岳岩石園入り口


新型コロナの緊急事態が延長された中でのTokyoオリンピック2020が開催されました。無観客での開会式に続き競技が始まると連日テレビはアスリートの活躍で賑わっています。オリンピック中止の叫んでいた世論も一気にオリンピックに変わったという印象です。

御岳山ケーブルカーにはハイカーの列ができていました。感染防止対策で乗車定員を抑えていることもあり臨時便が運行されていました。

御岳山ケーブルの滝本駅
御岳平にはTokyo2020のマスコットキャラ

たどり着いた御岳平にはオリンピックのマスコット、ミライトワとソメイティが我々を向かいえています。例年であればレンゲショウマ祭りの真っ最中ですが今年はお祭りのイベントは中止です。レンゲショウマはまだ咲いているようですが富士峰園地に向かう人は少ないようです。

御嶽神社の御師宿から道を右に、急な坂道を登って行くと鳥居前広場です。

御岳山駅
歓迎のゲートをくぐり御嶽神社参道へ
表参道を離れ
鳥居前広場

御岳山イラストマップで紹介された神苑の森は御嶽神社をめぐるように続く道です。ここは不伐の森として古来より守られてきた原生林とか、たくさんのハイカーが歩く表参道と違いあまり歩く人はいないようでした。

鳥居の右から神苑の森へ
緑に包まれる斜面
天狗の腰掛杉
岩石園入口近くに水場

天狗の腰掛け杉からは大岳山へと続くハイキングコースへ、ここはトレランを楽しむ若者が行き交うところです。「わんこと一緒にトライアルコース」として紹介されていることもあり愛犬連れのハイカーも多く歩いていました。

 

 御岳岩石園入り口~綾広の滝~天狗岩~長尾平~御岳山~御岳山駅


岩石園入り口で大岳山への道を右に分けると綾広の滝への下りです。緩やかに下って行くと落差10mほどの滝が白い飛沫を上げていました。今でも滝行が行われているようで滝の前にはしめ縄が張られた鳥居、その傍には禊乃門と刻まれた石碑が奉納されていました。

ここからはロックガーデンの沢沿いの道を下って行きます。苔に覆われた道を家族連れなどたくさんのハイカーが登ってきます。

綾広の滝
対岸にお浜の桂
緑に包まれた沢沿いの道
上高岩へと続く道を右に分け

途中、上高岩へと登って行く道を右に分けしばらく下ると道は沢を離れ天狗岩の下にたどり着きました。

天狗岩はカラス天狗の像が祀られたところで、鎖をたよりに岩の上まで登って行くことができます。あまり山に慣れていない人には小さな岩場も大変そうで慎重に下ってくる人もいました。

沢を離れると天狗岩への登り
そびえたつ天狗岩
天狗岩の下で
緩やかに登ると大岳山からからの道に

ここは七代の滝へと下る道が分かれているところです。我々は左手に道を長尾平へと登って行くことにしました。

 

 その他のコース・山行記録


TAG:御岳山
 山行記の訪問者数 今月:85件 累計:421件
 Back