topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:神社参拝~

 下山八幡宮

 寺社の種類:旧村社
 創建の時期:長久2年(1041年)
 主祭神:誉田別天皇、相殿:大鷦鷯天皇、広国押武金日天皇、美都波売命
 本殿の形式:三間社流造
 所在地:東京都青梅市梅郷6丁目1220
 訪問日:2022年9月21日

 

かつて下山と呼ばれた梅郷の鎮守と言います。本殿は都内でも数少ない三間社流造で市有形文化財に指定されています。

下山八幡宮の境内
下山八幡神社本殿の案内板
御手水場
本殿
本殿の神額

 

関連記録・コース

 八幡大神(やはたのかみ・はちまんおかみ)誉田別命、品陀別命(ほんだわけのみこと)

日本で信仰される神で、清和源氏、桓武平氏など全国の武家から弓矢八幡として崇敬を集めました。誉田別命(ほんだわけのみこと)とも呼ばれ、応神天皇と同一とされます。

また早くから神仏習合がなり、八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)として神宮寺が祀られました。

 

TAG:八幡宮
 Back