topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~寺院を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:寺社参拝~

 日向山明白院

 寺社の種類:曹洞宗の寺院
 創建の時期:永禄10年(1567年)
 札所:青梅七福神・福禄寿
 所在地:東京都青梅市日向和田2丁目395
 訪問日:2022年9月11日

 

三田氏の遺臣野口刑部丞秀房が開基となり、海禅寺七世天江東岳が天正年間(1573~1591年)に開山したといいます。

石段の上に山門
茅葺の山門
山門の案内板
本堂
明白院の本堂
開山堂
開山堂に福禄寿

茅葺の山門は日向和田の館の城にあったものを明白院建立の時移築したものです。安土桃山時代の形式で青梅市重要文化財指定されています。

 

関連記録・コース

 曹洞宗(そうどうしゅう)

禅宗の一派。中国の禅宗第六祖慧能の法系である洞山良价 (807~869年) を祖とする。中国禅宗五家七宗の一つ。鎌倉時代に道元が入宋して伝えた。福井県の永平寺と神奈川県の総持寺とを大本山とする。

 

 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)

釈迦の入滅後から弥勒菩薩が世に現れるまでの間、無仏の世に住み六道の衆生を教え導くことを誓いとした菩薩。慈愛に満ちた円満柔和な僧形で、多くは右手に錫杖、左手に宝珠を持つ。

 

TAG:青梅七福神
 Back