topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~寺院を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:寺社参拝~

 住吉山延命寺

 寺社の種類:臨済宗建長寺派の寺院
 創建の時期:応安2年(1369)、季竜元筍が開基
 本尊:釈迦如来
 札所:青梅七福神・大黒天
 所在地:東京都青梅市住江町82
 訪問日:2022年9月11日

 

応安2年(1369年)に創建、季竜元筍が開山したといいます。季竜元筍は泉州堺の出身で、出身地の氏神を町内稲荷山に勧請して住吉神社を創建したといいます。

境内
境内に三重塔
延命寺の本堂
呑龍堂
呑龍堂に奉納額
呑龍堂の内部
境内の六地蔵
境内の六地蔵

境内には呑龍堂があります。安産子育ての呑龍さまとして親しまれ毎月八日(大祭四月)の縁日には近郷近在の参詣人で賑わっています。

 

関連記録・コース

 臨済宗建長寺派(りんざいしゅうけんちょうじは)

日本仏教の一宗派。臨済宗一四派の一つです。本山は京都の妙心寺、派祖は関山慧玄。

 

 釈迦(しゃか)釈迦如来(しゃかにょらい)

仏教の開祖。世界4聖の一人。ネパール南部の釈迦族の王子として紀元前6から前5世紀に生まれる。苦行ののち悟りをひらきインド各地で布教して80歳で没したとされる。

はじめは実在の釈迦をさしたが入滅後、超人化・神格化されて信仰・崇拝の対象となる。日本には6世紀、百済からその教えがつたわった。

 

TAG:青梅七福神
 Back