topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:神社参拝~

 菅原神社

 寺社の種類:村社
 創建の時期:天正年間(1573~1593年)
 主祭神:菅原道真
 本殿の形式:-
 所在地:東京都町田市本町田802
 訪問日:2022年5月23日

 

町田天満宮、南大谷天神社と共に町田三天神の一社。かつて現在の町田村の中心は本町田で、原町田が分村後は本町田村となりその鎮守を担いました。室町時代の古戦場であった井手の沢古戦場跡に鎮座し東京都旧跡に指定されています。

菅原神社の鳥居
境内の由緒書き
鳥居の先に石段
境内に御手水場
境内の倉庫
境内の参集殿
拝殿
拝殿に神額
神楽殿
迦具土神を祀る愛宕社
藤木稲荷社

井出の沢の古戦場は南北朝時代、中先代の乱の古戦場です。後醍醐天皇による建武の親政に不満が高まり、かつての鎌倉幕府執権、北条高時の子時行が、建武2年(1335)に反乱の兵を挙げました。信濃から鎌倉奪還を目指し南下した時行の兵は、井出の沢で足利尊氏の弟直義によって迎撃されたとされています。

 

関連記録・コース

 菅原道真(すがわらのみちざね)

平安前期の公卿、学者、文人。845~903年。宇多天皇の信任が厚く、藤原氏を押さえるため藤原基経の死後蔵人頭(くろうどのとう)に抜擢されましたた。延喜元年(901年)藤原時平の中傷により大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷され配所で没しました。

のちに天満天神として崇拝されました。

 

TAG:天満宮
 Back