topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:神社参拝~

 左馬神社

 寺社の種類:旧村社
 創建の時期:-
 本殿の形式:-
 所在地:神奈川県横浜市泉区下飯田町1389
 訪問日:2022年5月4日

 

境川周辺には12社の左馬社があると言います。源義朝、源満仲の官職だった左馬頭(さまのかみ)から名付けられた神社です。

伝承によると飯田郷の地頭、飯田五郎家義が勧請したと言い、小田原北条時代には下飯田を治めた川上藤兵衛がこの神社に武運長久を祈願したと言われています。

天正18年(1590年)下飯田の領主になった筧助兵衛(かけいすけひょうえ)為春は、地域の鎮守さまとして信仰し社殿の修復をしたと言います。

境内の奥には朱塗りの拝殿がありました。境内の樹叢は神奈川県の風致保安林に指定されています。

左馬神社の鳥居
境内に下飯田会館
左馬神社の参道
参道に石仏
参道の奥に拝殿
拝殿の内部
境内に摂社
参道に石灯篭

境川周辺では疫病が流行すると左馬社をめぐるザバ参りの信仰があると言います。

 

関連記録・コース

 源義朝(みなもとよしとも)

1123~1160年、平安末期の武将。源為義の長男。保元の乱で後白河天皇方に加わり功によって左馬頭となった。のち平清盛と対立、平治の乱を起こして敗死した。

 

TAG:鯖社
 Back