topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:神社参拝~

 琴平神社

 寺社の種類:神社
 創建の時期:-
 主祭神:大物主神崇徳天皇
 本殿の形式:-
 所在地:神奈川県横浜市泉区下飯田町742
 訪問日:2022年4月22日

 

天正18年(1590年)下飯田の領主になった筧助兵衛為春は菩提寺の東泉寺を現在地の移築し、そのとき水難守護治水の神である金毘羅神を鎮守として勧請しました。昔から下飯田の金毘羅さまとして近郷住民の信仰を集めています。

琴平神社の石段
琴平神社の拝殿
神額と千社札
摂社、白山神社と稲荷神社
御手水場
神門
境内の神輿蔵か
境内の八坂神社

 

関連記録・コース

 大物主命(おおものぬしのみこと)

大和の三輪山に鎮座する神で大神神社の祭神。大国主(おおくにぬしの)神の異名とも言います。国津神の代表的存在で国譲り後たくさんの国津神をひきいて皇孫を守ったなどおおくの説話を持つ神です。蛇の姿をしており農業の守護神でもある。

 

 崇徳天皇(すとくてんのう)

第75代の天皇、在位1123年1月28日~1141年12月7日。鳥羽天皇の第1皇子。鳥羽法皇の死後、後白河天皇と争い保元の乱に敗れて讃岐(さぬき)に流されました。死後は怨霊として恐れられた。墓所は香川県坂出の白峯陵(しらみねのみささぎ)。

 

TAG:金比羅宮
 Back