topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~街あるき~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:街あるき~

 平戸永谷川から馬洗川

 二級水系 境川
 歩程:行動時間 3:15、歩行時間 2:45
 歩行距離:9.8km
 累積標高差:+109m、-94m
 アプローチ:往路・神奈中バス富士橋バス停、復路・江ノ電バス西谷戸バス停
 訪問日:2022年3月25日

 

 コースタイム


柏尾川合流点12:50~赤関橋13:20~ヤマダ電機テックランド横浜本店13:45/55~クリエイト上永谷駅前店14:25/35~(馬洗川せせらぎ緑道)~四阿休息所14:55/15:00~野庭神社15: 25/30~馬洗川源流15:45~西谷戸バス停16:05

 

 柏尾川合流点~赤関橋~馬洗橋~野庭神社~馬洗川源流~西谷戸バス停


平戸永谷川は戸塚の名瀬町付近で阿久和川と合流し柏尾川と名前を変える境川の支流の一つです。

柏尾川の合流点からは東海道線の線路沿いに緩やかに流れています。コンクリートの護岸が続く流れには大きな鯉やカメなど、初夏には白い花を咲かせるオオカナダモが咲くところです。

平戸永谷川の最初の橋
東海道線の線路沿いに流れる川
川沿いには工場が建ち並び
大倉陶器の近くで川上川を合わせ

マンションや大きな工場が建つ遊歩道をしばらく進むと川上川が流れ込んできます。東海道線の線路の下をくぐると国道1号線の赤関橋、ここは旧東海道が通っていたところと言います。

遊歩道には地元の人たちが植えたたくさんの花が咲き、緩やかな流れにはカワセミの姿を見ることもできるようです。やがて川は環状2号線の高架下へ。永谷1号橋では左手からは芹谷川が流れ込んできます。

川上川に架かる橋
国道1号線の下を平戸永谷川
赤関橋からは旧東海道の道
コンクリートの護岸の中を流れる

ソメイヨシノの花も咲きはじめた遊歩道には黄色い菜の花、まさに春の訪れを物語っているようでした。

環状2号線の高架下で芹谷川を合わせ
下永谷1号橋
住宅地の中を流れ
細くなり始めた流
遊歩道に咲く菜の花
ソメイヨシノも咲き始めました
遊歩道沿いにはマンションも建ち並び
環状2号線付近で橋の下へ

一度橋の下に入った川は交通量が多い環状2号線に沿いに馬洗橋へと続きます。古い川筋に沿ってふれあいの水辺が整備されていました。

古い川筋にふれあいの水辺
遊歩道が続いています
環状2号線に沿って川が流れます
馬洗橋からは馬洗川と名前を変え

 コース GPSmap


 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

 Back