topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~寺院を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:寺社参拝~

 猿王山西福寺

 寺社の種類:真言宗豊山派の寺院
 創建の時期:天文3年(1534年)、圓中が法流開山
 本尊:不動明王
 札所:瀬谷八福神・布袋尊
 所在地:神奈川県横浜市瀬谷区橋戸3丁目21-2
 訪問日:2022年1月17日

 

真言宗豊山派寺院で布袋尊を祀るお寺です。楽浄土があるとされる西を正面として、境内の地形が扇状に広がっていることから、西福寺と名付けられました。

西福寺の境内に六地蔵
横浜名木古木に指定されたスダジイ
境内の奥に本堂
猿王山の扁額
本堂の前に宝篋印塔
仏足石
境内に布袋尊堂
布袋尊が祀られています
西福寺の案内板
布袋尊堂に千社札

横浜名木古木に指定されたスダシイがあります。樹齢千年の古木とされて、コンクリートの支柱によって支えられていました。

境内には大きなお腹を出した布袋尊を祀ったお堂があります。また境内には仏足石や宝篋印塔などもありました。

 

関連記録・コース

 不動明王(ふどうみょうおう)

五大明王・八大明王の主尊。悪魔を下し仏道に導きがたいものを畏怖せしめ、煩悩を打ちくだくと言います。

忿怒の姿で火焔の中にあり、右手に剣、左手に索縄を持ち、心の内外の悪魔をはらうとされています。

 

TAG:瀬谷八福神
 Back