topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~寺院を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:寺社参拝~

 瀬谷山徳善寺

 寺社の種類:曹洞宗の寺院
 創建の時期:弘治元年(1555年)、玄室泰存禅師(開山)
 本尊:-
 札所:瀬谷八福神・毘沙門天
 所在地:神奈川県横浜市瀬谷区本郷3丁目39-5
 訪問日:2022年1月17日

 

弘治元年(1555年)の創建の古刹と言います。古色豊かな堂々たる山門は平成門、仁王像の脇には「須學囘光返照之退歩自然身心脱落」「久久忘縁自成一片此座禅之要」と刻まれています。これは道元禅師の普観座禅儀の一説とか、禅の教えなのでしょうが凡人には難しいものです。

境内に六地蔵
徳善寺の山門
境内に毘沙門天堂
毘沙門堂の扁額
金毘羅堂
境内に新しいお堂
本堂に扁額
境内に道元禅師像
観音菩薩像
鐘楼

境内には赤い奉納旗がたなびく毘沙門堂、コンクリート造りの本堂の脇には道元禅師の像が祀られていました。

 

関連記録・コース

 曹洞宗(そうどうしゅう)

禅宗の一派。中国の禅宗第六祖慧能の法系である洞山良价 (807~869年) を祖とする。中国禅宗五家七宗の一つ。鎌倉時代に道元が入宋して伝えた。福井県の永平寺と神奈川県の総持寺とを大本山とする。

 

 道元(どうげん)・承陽大師

鎌倉時代の仏僧。曹洞宗の開祖。内大臣久我通親の子。幼くして比叡山に上ったがその教学に疑問をもち、栄西について禅を学び1223年明全(みょうぜん)とともに入宋した。天童山で如浄の印可を受け1228年帰国した。

 

TAG:瀬谷八福神
 Back