topimg

あの頂を越えて

城址・寺社を訪ねて

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址寺社を訪ねて:神社参拝~

 熊野神社

 寺社の種類:旧郷社
 創建の時期:-
 主祭神:国常立尊伊邪那岐命伊邪那美命、天比理刀売命
 本殿の形式:-
 所在地:神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1丁目1-3
 訪問日:2021年12月11日

 

金蔵院を創建した醍醐三宝院の始祖勝覚僧正が権現山に創建したと伝えられています。江戸時代中期に当地へ遷座、明治17年には郷社に列格していました。

熊野神社の案内板
境内に狛犬
境内の奥に拝殿
朱塗りの拝殿
境内摂社
神輿蔵
境内に石仏
御手水場
絵馬かけ

明治元年(1868年)神奈川宿の大火で類焼したがその後社殿は逐次復興しました。昭和20年の戦災により再び焼失、昭和38年現社殿を完成、玉垣・社務所を整備しました。

 

関連記録・コース

 国常立命・国底立尊(くにとこたちのみこと)

日本書紀によれば天地開闢の最初に出現した神様。国狭槌(くにのさつち)尊、豊斟渟(とよくむぬ)尊とともに独化の三神と言われる神様です。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

TAG:熊野神社
 Back