topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 クリ 

 名 前
クリ
Castanea crenata
 和 名
栗 
 科目名
ブナ Fagaceae
 属 名
クリ Castanea
 分 布
北海道(南西部)・本州・四国・九州 
 生育地
庭木や里山 
 分 類
落葉高木 
 花 期
6月 
 花の色
黄白色 
 高 さ
15m 
 別 名
 
クリ
2021.07.06 名瀬川周辺
樹皮は暗灰褐色で厚い、葉は互生し長楕円形か長楕円状披針形で先端は鋭く尖ります。雌雄同株、雌雄異花で6月頃に開花します。花序はひものような穂状。上部には多数の雄花が付き、下部に2から3個の雌花が付きます。
栽培品種の原種で山野に自生するものは、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と呼ばれています。
クリ
2021.07.06 名瀬川周辺
クリ
2021.05.23 名瀬川周辺
クリ
2021.05.23 名瀬川周辺
クリ
2021.05.23 名瀬川周辺
 
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back