topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 カラタネオガタマ 

 名 前
カラタネオガタマ
Michelia figo
 和 名
唐種招霊 
 科目名
モクレン Magnoliaceae
 属 名
オガタマノキ Michelia
 分 布
 
 生育地
公園樹・庭木 
 分 類
常緑小高木 
 花 期
5~6月 
 花の色
黄白色 
 高 さ
3~5m 
 別 名
トウオガタマ 
カラタネオガタマ
2021.05.14 平戸川
中国の南部を原産とする常緑小高木、江戸時代~明治初期に日本へ渡来しました。 5月~6月にかけて咲くクリーム色の花はバナナに似た香りを放つため英語ではバナナブッシュと呼ばれています。かつては神の依代として寺社を中心に植栽されていました。生垣としても栽培されています。
カラタネオガタマ
2021.05.14 平戸川
カラタネオガタマ
2021.05.14 平戸川
 
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back