topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 岩戸山~箱根のスノーハイク~ 


標高
岩戸山 734.4m、十国峠(日金山) 756m
山域
伊豆・箱根・湘南
登山日
2018年1月24日(水)、晴れ、2℃
歩行時間
行動時間 7:00、歩行時間 5:20
歩行距離
14.7km
標高差
750m
累積標高差
+980m、-940m
登山口
mapon湯河原駅
交通機関
 往路:湯河原駅、 復路:来宮駅
登山コース
湯河原駅~千歳橋~七尾峠~岩戸山~東光寺~十国峠~東光寺~石仏の道~来宮駅
コースmap
岩戸山
岩戸山

 

山行の記録

 コースタイム

湯河原駅9:00~千歳橋9:15/20~見返り地蔵9:50~ウルシガ窪第一配水池10:15/25~七尾峠10:45~533m付近10:20/25~岩戸山12:00/13:05~東光寺13:45~十国峠(日金山)14:05~石仏の道分岐14:25/35~石仏の道登り口15:10/15~来宮駅16:00

 

 湯河原駅~七尾峠~岩戸山

山の会の仲間と岩戸山でお雑煮、お汁粉山行です。月曜日は関東の南岸を低気圧が通過、都心でも10cmを越える雪が降ったようです。昨日は気温も10度を超ましたがまだ箱根の山では雪が残っているようです。

待ち合わせの湯河原駅は平日とあって閑散としています。青空は出ていますが気温は2度くらいでしょうか、かなり冷え込んでいます。

湯河原駅
千歳橋の登山口
舗装道路を登って行きます
視界の先に雪が張り付く幕山

駅前からは湯河原市街を通り千歳橋へ、ここから岩戸山に向かってのハイキングコースが始まります。緩やかに登って行く舗装道路の左手にはみかん畑が広がっています。もう最盛期は終わり始めているようで畑の中に落ちたみかんも残っていました。

木立の先には青空の下に南郷山から幕山の稜線が続いています。箱根から吹き降ろす風が雪をもたらすのかその山肌には白い雪が張り付いているようでした。

しばらく登ると赤い涎掛けをかけた見返り地蔵です。その先は照葉樹の山道になります。あまり人が入っていないようで落ち葉が積もった山道には倒木も横たわっていました。

見返り地蔵
照葉樹の中の山道が始まります
途中には倒木が
ウルシガ窪第一配水池

さらに登るとウルシガ窪第一配水池にたどり着きました。フェンスが張れらた分岐は判りにくいところ、木立に付けられた赤いテープに従い右手の道を登って行きます。地形図にあった北斜面を巻く道は廃道となっていました。

七尾峠は赤い屋根のペンションが建つところです。この付近は大手企業の保養施設が点在するところで伊藤忠やニトリ、IBMなど、かつては日本航空の保養施設があったと言いますが今はその持ち主も変わっているようです。

落ち葉を踏みしめながら
ペンションプリンス
七尾峠にハイキングコースの道標
歩道の先は車止めのゲート

舗装道路を登って行くと車止めのゲートです。送電鉄塔手前の石段を登ると再び山道が始まります。標高は500mを越えたようで白い雪が融け残っています。しばらく雑木林の尾根道を登って行くと岩戸山の直下にたどり着きました。

沼津アルプスで見かけたような私製の道標は岩戸山の略図、右手の道は岩戸観音へと続く道と言います。地形図にあった山頂を巻きながら来宮に下って行く道は廃道になっているようです。

舗装道路を分かれ山道へ
500m付近からは雪が
岩戸山直下に道標
ジグザグを切りながら急坂を登り

ジグザグを切りながら急坂を登って行くとベンチが置かれた岩戸山の山頂です。目の前には天城山や大室山など伊豆の山々、その左に浮かぶ大島の三原山も白い雪が張り付いているようでした。

山頂では背負ってきたお雑煮とお汁粉です。気温はかなり低いようで寒冷地用のガスカートリッジでもなかなか温度が上がりません。ホッカイロでカートリッジを温めてみましたが効果は今一つです。

岩戸山から眺める伊豆の海岸線
山頂に三角点
山頂でお雑煮
お雑煮の出来上がり
お雑煮の出来上がり
山頂でお汁粉も
お汁粉の出来上がり
山頂は寒かったでした

お雑煮とお汁粉でお餅2枚づつ、鍋が一つだったこともあり1時間近くかかってしまいました。

 岩戸山~東光寺~十国峠~石仏の道~来宮駅

岩戸山からは東光寺へ向かうことにします。昨日、一度溶けかかった雪が凍ったようですがアイゼンを付けるほどではありません。

緩やかにたどる登山道は石仏の道の分岐にたどり着きます。ここからは東光寺の参詣道であったようで道端には丁目石の石仏が建っています。

十国峠への道は雪が積もり
視界の先に雲を被った富士山
石仏の道の分岐
末代上人の宝篋印塔

道端に祀られた未代上人の宝篋印塔は江戸時代の古いものとか、未代上人は平安時代の僧侶で富士山の山頂に大日寺を建立、富士上人とも呼ばれ富士山信と仰深く関わる人物と言います。

しばらく進むと東光寺です。広い駐車場は雪に覆われこの時期訪れる人はいないようです。たくさんの石仏や五輪塔などが祀られた境内の奥には日金山の扁額が掲げられた本堂が建っていました。

前日融けた雪が凍って
東光寺
すっかり凍り付いた御手水
境内には古い石仏や石塔
日金山の扁額を掲げる本堂
凍った道端に石仏

凍り付いた舗装道路を登って行くと広い日金山霊園です。その脇の舗装道路を登って行くと草原に覆われた日金山です。

ここは北西から強い風が吹き抜けるところです。十国峠のケーブルカー駅の先には頭を雲に隠した富士山がそびえていました。

広がる視界の先に頂上駅と富士山
伊豆の海を見ながら下って行きます
源実朝の歌碑
姫の沢公園の案内板

山頂からは姫の沢公園に立ち寄らず石仏の道を下ることにします。青い伊豆の海と白い雪、冬枯れの尾根道、この組み合わせは箱根の冬山のハイライトの一つなのでしょう。

石仏の道を下って行きます
やがて雪は消え
石仏の道登り口
十丁目からは落ち葉の中の下り
たどり着いた来宮駅
駅前には早咲きの河津桜

しばらく下ると雪は消え石仏の道登り口にたどり着きました。さらに10丁目の石仏から落ち葉に覆われた里道を下った行きます。その先来宮駅までは温泉街の中を下る長い舗装道路歩きが待っていました。

 

 コース GPSmap

緯度: 経度:
 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

その他のコース・山行記録
TAG:箱根
 山行記の訪問者数 今月:63件 累計:850件
 Back