topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 丹沢クリーンハイク〜神奈川労山が主催する清掃登山〜 


標高
堀山の家 950m
山域
丹沢
登山日
2016年5月29(日)、晴、27℃
歩行時間
行動時間5:45、歩行時間4:25
歩行距離
9.0km
標高差
665m
累積標高差
+765m、-765mm
登山口
mapon大倉バス停
交通機関
 東名道秦野中井ICから9.5km
登山コース
大倉バス停〜堀山の家〜大倉バス停
コースmap
丹沢クリーンハイク   
丹沢クリーンハイク
GPSをクリックするとGPSLogをダウンロード、表示をクリックすると山行コースを表示します。
緯度: 経度:

 

山行の記録

 コースタイム

大倉バス停8:40−観音茶屋9:15/25−見晴らし茶屋10:02/20−駒止茶屋11:00/10−堀山の家11:50/12:20−見晴らし茶屋13:20/35−大倉駐車場14:25

 大倉バス停〜堀山の家

神奈川労山が主催する丹沢クリーンハイクは今年で39回、昨日は水質検査と前夜祭、今日は大倉尾根、ヤビツ峠などで登山道整備と清掃が行われます。神奈川県の山の会のほか一般からの参加も合わせると300名弱が参加すると言います。

バス停脇の広場でクリーンハイクの開会式を行ったのち大倉尾根へ。天気に恵まれた休日とあってたくさんの家族連れや若者のグループなど塔ノ岳を目指すハイカーも多いようです。何時も通りの舗装道路歩きが始まりますが気温が上がっているようですぐに額には汗がにじみ始めてきます。

大倉バス停に集合
クリーンハイクの説明
大倉からは舗装道路歩き
山道を登って行きます

毎年、クリーンハイクが行われていることもあり登山道にはあまりゴミが落ちていません。それでも土の中や登山道から外れた斜面には空き缶やビンなどが落ちていました。樹林帯の山道をひと登りすると観音茶屋です。何時もは店を閉じていますがハイカーの数が多いのか店先には飲み物なども売っています。

登山道をひと登りすると大倉山の家への分岐です。ここは道を左に、樹林帯の中を登って行く道は大倉山の家へと登って行きます。ここは丹沢の山でただ一つのテン場です。黄色いテントが2張、一つは小学生くらいの男の子とお父さんの2人連れ、子供にとっていい思い出の登山になるのでしょう。

観音茶屋で一休み
大倉山の家を回って
丹沢で唯一のテン場
見晴らし茶屋でも一休み

雑事場からわずかに登ると見晴らし茶屋です。この山小屋のトイレも改修されたようで、小屋の前には浄化槽を兼ねた大きなベンチがあります。目の前は展望が広がるところですが白く濁った空の下では目の前に長い大山南尾根、その先には秦野の街並みが霞んでいました。

見晴らし茶屋からは緑の雑木林の登りが始まります。緩やかに登って行く道に汗を流すとやがて駒止茶屋にたどり着きました。

堀山の家は目の前
堀山の家のベンチで昼食

ここからは心地良い尾根道が堀山の家まで続いています。道端にはムラサキサギゴケやウマノアシガタ、大きな葉はマルバタケブキ、その中に黄色いキンランの花も見付けることができます。

 堀山の家〜大倉バス停

堀山の家の前のベンチで昼食です。何時も閉まっている店先にはコーヒーや甘酒などが売られています。大倉尾根のクリーンハイクは花立や塔ノ岳、丹沢まで登って行くコースもあるようですが我々は堀山の家から下ることにしました。

堀山の家から下ります
見晴らし茶屋で最後の休憩
たどり着いた大倉駐車場
持ち帰ったごみを集めて

山頂からは小さなザックを背負ったトレランの若者などが下ってきます。ボッカの訓練をしているのか背負子に砂利を積んだ若者が汗を流しながら登っていました。

途中、見晴らし茶屋で一休みしたのち大倉バス停に下って行きます。たどり着いた駐車場でゴミを集めたのち解散になりました。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。
その他のコース・山行記録
 山行記の訪問者数 今月:62件 累計:1023件
 Back