topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 三筋山〜伊豆の島を一望するススキの山〜 


標高
三筋山 821m
山域
伊豆・箱根・湘南
登山日
2015年10月26日(月)、晴
歩行時間
行動時間2:10、歩程時間1:35
歩行距離
4.0km
標高差
425m
累積標高差
+435m、-107m
登山口
mapon細野高原駐車場
交通機関
 往路:細野高原駐車場、 復路:シャトルバス
登山コース
細野高原駐車場〜三筋山〜シャトルバス乗り場
コースmap
三筋山   
三筋山
GPSをクリックするとGPSLogをダウンロード、表示をクリックすると山行コースを表示します。
緯度: 経度:
Panorama

まだ登ったことにない伊豆の山で気になっていたのは登り尾と三筋山。何れも軽い山ですが三筋山は最近まで風力発電の工事のため通行が禁止されていました。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
三筋山の山頂に広がる展望
山行の記録

 コースタイム

細野高原駐車場11:45−シャトルバス乗り場12:50/13:00−三筋山13:15/40−シャトルバス乗り場13:55

 

 細野高原駐車場〜三筋山

たどり着いた細野高原には大きな駐車場があります。この時期、高原を銀色に染めるススキと伊豆の海を目当てにたくさんの観光客が訪れる所です。山頂直下まで無料のシャトルバスを利用することができるようで、軽装の観光客も山頂を目指しています。

駐車場から舗装道路を登って行くとイベント広場、休日にはいろいろなイベントが行われていたと言いますが今日は土産物や飲み物などを売っているだけです。

細野高原の案内板
舗装道路を登るとイベント広場
舗装道路を分かれカヤトの遊歩道へ
木橋を渡ります

イベント広場の先で舗装道路を離れススキの原の中を登って行きます。体力に合わせ25分、60分、140分のコースがあり道標も良く整備されていました。

木の階段を登ると再び舗装道路の登りが始まります。緩やかに登る舗装道路は60分コースの折り返し点へ、青空の下には天城山の稜線がそびえていました。

再び舗装道路を山頂へ
舗装道路の先に天城山
シャトルバス乗り場の前は展望が開け
木の階段の傍にはたくさんの杖

ここからはジグザグを切りながら山頂へと登って行きます。途中にはパラグライダーの練習ゲレンデもありました。無料のシャトルバスは山頂直下の駐車スペースまで、小さな広場の前は展望が広がるベンチでススキの原の先に伊豆大島が霞んでいます。

木の階段に息を切らせながら登る観光客と一緒に登った山頂は展望が広がるところです。目の前には伊豆の島影、大きな大島の右には新島や式根島などが霞んでいます。

展望が広がる山頂
三筋山遊歩道の案内板
伊豆七島の案内板
ベンチの先に霞む大島

山頂で展望を楽しんだのち駐車場へ戻ることにします。山頂直下の駐車場には乗り合いタクシーが待っていました。お客さんは我々2人だけ、わずか10分ほどでイベント広場に戻ることができました。下りにシャトルバスを利用する山登りはかなり安易と言ったところかも知れません。

この時期細野高原は秋の花が咲いています。ススキのほかに目立つ花はヤマラッキョウとリンドウ、アキノキリンソウも黄色い花を付けています。

山頂一帯にたくさんの風車
振り返る山頂
山頂直下にシャトルバス乗り場
途中からはカヤトの原の展望

ススキの原を守るためにこの高原では毎年2月に野焼きが行われえているようです。野焼きは灌木の侵入を防いだり害虫の駆除などのために行われています。防火帯の作成のためか道路わきには黒々と火を入れた跡が続いていました。ススキの草原を守るにも多くの人の努力が必要なようです。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。
その他のコース・山行記録
 山行記の訪問者数 今月:81件 累計:2407件
 Back