topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 ヨモギ尾根から三ノ塔尾根〜静かな雑木林の尾根を登り〜 


標高
三ノ塔 1204.8m
山域
丹沢
登山日
2015年4月23日(木)、晴れ一時小雨
歩行時間
登り3:25、下り2:15、合計4:40
歩行距離
10.0km
標高差
441m
累積標高差
+764m、-1240m
登山口
maponヤビツ峠
交通機関
 登山:神奈中バス・ヤビツ峠、 下山:神奈中バス・大倉
登山コース
ヤビツ峠〜BOSCOキャンプ場〜ヨモギ平〜三ノ塔〜大倉
コースmap
ヨモギ尾根から三ノ塔尾根   
ヨモギ尾根から三ノ塔尾根
GPSをクリックするとGPSLogをダウンロード、表示をクリックすると山行コースを表示します。
緯度: 経度:

 

山行の記録

 コースタイム

ヤビツ峠9:15−門戸口9:40−BOSCOキャンプ場入口9:55−695m付近10:15/25−ヨモギ平11:00/10−三ノ塔12:00/35−775m付近13:25/30−大倉バス停14:55

 

 ヤビツ峠〜BOSCOキャンプ場〜ヨモギ平〜三ノ塔

いつも多くのハイカーでにぎわっている丹沢にあってもあまり人の入らない静かなコースがあります。ヨモギ尾根もそのようなコースの一つで、この時期には新緑に包まれた山歩きが期待できるコースです。

秦野駅を出発したバスはたくさんのハイカーを乗せヤビツ峠へと登って行きます。平日の朝は1本しかないバスはたくさんのハイカーで臨時便も運航していました。

ヤビツ峠からは大山に向かう人、表尾根に向かう人行く先は様々です。ヨモギ尾根に向かうのは我々だけのようでした。沢に沿って門戸口へと向かう道は多少荒れているものの、道端にはスミレやヤマルリソウなど春の花が咲いています。

ヤビツ峠
門戸口へ下り始めます
沢沿いに下る登山道
門戸口には青山荘

門戸口からはBOSCOキャンプ場へ向かいます。この周辺はミツマタの咲くところですが枝先はすでに白っぽい花柄だけ、新緑の山肌には桜の花が咲いていました。

キャンプ場からはヒノキ林の中を登って行きます。平日はヒノキの伐採作業が行われているようで林の中に付けられた造林道に伐採用の重機が置かれていました。

BOSCOキャンプ場の入り口
キャンプ場の橋を渡って
キャンプ場の外れから造林道へ
造林道の終点から登山道

造林道を離れた登山道はジグザグを切りながら稜線へと登って行きます。しばらく登ると芽吹き始めた雑木林の中の急な登りが始まります。梢の先に広がる若葉色の山肌には淡い桜の花明りを見付けることが出来ました。

たどり着いた稜線上の広場はヨモギ平です。ベンチの置かれた広場の先には新大日から続く長尾根の稜線が見えていました。ここから右に向かう尾根道は札掛けへと続く道です。でも札掛けからの交通の便は全く無く、この尾根道を利用するのはなかなか難しそうです。

雑木林の中の急坂
ヨモギ平
梢の先は新大日から続く長尾根の稜線

ヨモギ尾根からは三ノ塔への登りが始まります。雑木林の中を登って行く急坂にはマメザグラの小さな花が彼方此方に、沢に落ちていく岩場にはミツバツツジの花も見付けることが出来ました。

雑木林の中の登り
春の訪れを知らせるマメザクラ
山頂直下の急坂
表尾根の縦走路にお地蔵さん
烏尾山から続く表尾根の稜線

山頂直下には工事用のモノレールが設置されています。天気予報では関東北部を中心に雷雨があるかもしれないと言っていましたが、塔ノ岳方面から流れてくる雲からはポツポツ雨も落ちてきました。

 三ノ塔〜三ノ塔尾根〜戸倉

三ノ塔の避難小屋で雨を避けながら昼食です。薄暗いものの20人ほどが入ることが出来る避難小屋にはテーブルが置かれています。登山口に近いこともあり宿泊するようなところではないものの、雨宿りなどにはありがたいものです。

空も明るくなり始めたので三ノ塔尾根を下ることにします。表尾根から戸倉方面に下る登山道には書策新道、政次郎尾根、鳥尾尾根、仲尾根、三ノ塔尾根、二ノ塔尾根があります。歩く人が少ない静かな尾根道ですが戸川林道の長い林道歩きが必要なところです。今回利用する三ノ塔尾根は少し歩程が長いものの秦野戸川公園に直接下ることが出来ます。

三ノ塔の避難小屋
三ノ塔尾根への分岐
ヒノキ林を下って行きます
マメザクラの先に烏尾山

三ノ塔の先を右に下るとヒノキの樹林帯を下って行く道が始まります。ジグザグを切りながら下って行く道はあまり人が入っていないようですがそれなりに整備もされています。木立の先には明るい日を浴びた二ノ塔尾根、今を盛りに咲くミツバツツジの先には烏尾山も見えていました。

緩やかに下る道は表丹沢林道に出会いました。右は戸川林道、左は県道70号線を結ぶ林道ですが何れも通行止め、戸川公園から登ってくる林道は開かれているようで軽自動車が1台道端に止まっていました。

なだらかに下る三ノ塔尾根
若葉色に包まれた三ノ塔尾根
一度林道を横切り
戸川公園へと続く林道
戸倉バス停に続く風のつり橋
戸倉のバス停

ここからは小さなコブに登り返し尾根道を下って行きます。なだらかに下って行く道に飽きはじめるころ林道にたどり着きました。目の前には戸倉バス停へと続く風のつり橋が見えていました。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。
その他のコース・山行記録
 山行記の訪問者数 今月:84件 累計:2147件
 Back