topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 高尾山〜世界で一番登山客の多い山〜 


標高
高尾山599.2m(花の百名山・関東百名山)、城山670.3m
山域
中央線沿線
登山日
2013年4月14日(日)、晴れ、14℃
歩行時間
合計3:10
歩行距離
6.8km
標高差
179m
累積標高差
+352m、-533m
登山口
mapon高尾山ケーブルカー 
交通機関
 登山:高尾山ケーブルカー、 下山:西東京バス
登山コース
高尾山ケーブル−高尾山−城山−小仏峠−小仏バス停
コースmap
高尾山   
高尾山
GPSをクリックするとGPSLogをダウンロード、表示をクリックすると山行コースを表示します。
緯度: 経度:
Panorama

何時もたくさんのハイカーでにぎわいを見せる高尾山は、年間の登山者数が260万人を越える世界一登山客の多い山と言います。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
たくさんの人で溢れる城山の山頂(Windows liveで作成)

高尾山から城山へと続く明るいハイキングコースは関東ふれあいの道として整備された道で、歩きやすいこともありたくさんの人で賑わうところです。都心ではすでに葉桜となったこの季節でも満開の山桜や咲き始めた春の花を眺めながらの気軽なハイキングを楽しめるところです。

 

山行の記録

 コースタイム

ケーブル山頂駅9:00−(0h30)−薬王院9:30/35−(0h20)−高尾山9:55/10:05−(0h50)−一丁平10:55/11:05−(0h20)−城山11:30/12:30−(0h20)−小仏峠12:50/13:00−(0h50)−小仏バス停13:30

 

 高尾山山頂駅〜薬王院〜高尾山

京王線の高尾山口駅に降り立つと駅前はたくさんの人で溢れています。何処かのツアー登山、職場の中のも若者グループ、家族連れなどなど、この山の人気の高さがうかがえるところです。

琵琶滝コースや稲荷山コースへと向かう人を左手に眺めながらケーブルカーは山頂駅へと登って行きます。線路沿いの桜はすでに葉桜の時期を迎えミツバツツジが赤紫の花を付けていました。

高尾山の登山口
高尾山のケーブルカー駅
参道の先に洗心門
霊気満山の扁額を掲げる洗心門

ケーブルカーの山頂駅からは観光客と一緒に薬王院を目指すことにします。参道には、土産物屋やタコ杉、サル園などなどここはまさに観光地そのものです。

しばらく進むと霊気満山の扁額を掲げる洗心山門です。ここからは朱塗りの灯篭が立ち並ぶ参道を進んでいきます。さらに進んだところが男坂と女坂の分岐点です。

朱塗りの灯篭が立ち並ぶ参道
108段の石段を登る男坂
土産物屋の前にはたくさんの石碑
薬王院の四天王門

左手の男坂は108段の石段を登るところです。やがて右手から女坂の道を合わせると薬王院の四天王門にたどり着きました。

高尾山は真言宗智山派の寺院で、川崎大師、成田山とともに関東三大本社の一つに数えられる古刹です。

薬王院の境内
薬王院の本堂
飯縄権現の扁額と注連縄
ホラ貝を鳴らし僧侶が薬王院へ

天平16年(744年)、聖武天皇の勅命により行基菩薩が開山、そのご永和年間(1375〜1379年)、京都醍醐寺から峻源大徳が飯綱権現を守護神として祀ったこと言います。飯綱権現は戦国武将の守護神として崇拝され、北条氏や徳川氏との手厚い保護を受けていたと言います。近くの大山もそうですが、ここは仏教と山岳修験道が混在する神仏混合の歴史が続いていたのでしょう。

石段を登ると御本社
カラス天狗が護る神殿
極彩色の彫刻が施された御本社
御本社の脇には福徳稲荷

折から飯綱権現の本堂では僧侶による読経が始まろうとしています。辺りに響くホラ貝の先導で赤い傘をさした僧侶の列が本堂へと向かっていました。

急な石段を登ると赤い鳥居の先に御本社です。カラス天狗が両脇を固める神殿は飯綱権現を祀るところで、その傍には福徳稲荷や飯綱大権現の社も祀られていました。急な階段を登った奥社から遊歩道のような道を登って行くと高尾山の山頂です。

さらに石段を登ると奥ノ院
奥ノ院の後ろに浅間社
十三州見晴らし台と言う高尾山の山頂
山頂に三角点

広く開けた山頂では家族連れなどがベンチに腰を下ろしています。ここは十三州展望台と呼ばれるところですが春霞に覆われた山頂からは展望を期待すべくもありません。富士山の山頂が見えると言う大見晴園地も丹沢の山並みが霞んで見えるだけでした。

 高尾山〜城山〜小仏峠〜小仏バス停

高尾山からは城山へと向かいます。高尾山周辺は標高が高いこともありまだ桜は満開を迎えたばかりです。ここのサクラはヤマザクラ、ソメイヨシノと違い花と同時に赤茶色の葉が一緒に芽吹き始めます。このことが春の高尾をより鮮やかに見せるのかもしれません。

大見晴園地の先に丹沢の山並み
山桜の花が咲く城山への登山道
山桜の先に城山の頂
桜とミツバツツジの咲く登山道

桜に交じってミツバツツジの花も咲いています。目を登山道に落とすとたくさんのタチツボスミレに混じってエイザンスミレやノジスミレ、イカリソウ、ナツトウダイ、ヒトリシズカの花も見付けることが出来ました。

一丁平の東屋で一息を入れてから緩やかに登り返すと城山です。無線アンテナの塔がそびえ立つ山頂には城山茶屋が店を開け、たくさんのハイカーがお弁当を広げています。我々もベンチに腰を下ろしお弁当にしました。

一丁平から城山への登山道
たくさんの人で賑わう城山の山頂
ユキヤナギの先に南高尾の山々
小仏峠へと下って行きます

ここからは小仏峠へ下ることにします。杉林の暗い登山道を下って行きます。この時間になると陣馬山から縦走してくるハイカーの数も多くなります。たどり着いた小仏峠には狸の像が置かれています。峠には朽ちかけた茶店が2軒ほど建っていました。

狸が置かれた小仏峠
道端に113号水準点

小仏峠からは小仏バス停に下って行きます。暗い杉林の中をジグザクに下って行く登山道はやがて中央高速道の小仏トンネル入り口の脇にたどり着きました。ここからは舗装道路にそってバス停までの道が始まります。途中には城山へと登って行くハイカーが車を停める駐車場もありました。

 多摩森林科学園

小仏バス停からは高尾駅へと向かいます。休日はたくさんのハイカーが訪れるようで、バスは臨時に2台のバスで運行していました。

多摩森林科学園の桜
八重桜は関山

たどり着いた北高尾の駅の近くにたくさんのは樹木を集めた多摩森林科学園があります。ここには国内の桜250種類を集めるところと言います。すでにソメイヨシノの花が終わったこの時期は八重の桜を楽しむことが出来ます。広い園内を散策するとカンザン、オウシュウザクラ、ギョイコウなど初めて聞く桜が咲いていました。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。
その他のコース・山行記録
 山行記の訪問者数 今月:82件 累計:6571件
 Back