topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 御岳山〜雪の丹三郎尾根から御岳山へ〜 


標高
御岳山928m(関東百名山)
山域
奥多摩
登山日
2013年1月19日(土)、晴れ、1℃
歩行時間
合計3:10
歩行距離
5.8km
標高差
630m
累積標高差
+821m、-274m
登山口
mapon古里駅
交通機関
 登山:古里駅、 下山:御嶽山駅
登山コース
古里駅−御岳山−御岳山ケーブル
コースmap
御岳山   
御岳山
GPSをクリックするとGPSLogをダウンロード、表示をクリックすると山行コースを表示します。
緯度: 経度:

 

山行の記録

 コースタイム

古里駅(10:15)=0h55m=515m付近(11:10/15)=0h55m=795m付近(12:10)=0h35m=御嶽神社分岐(12:45/14:00)=0h25m=御岳神社(14:25/30)=0h20m=御岳山ケーブル山頂駅(14:50)

 

 古里駅〜御岳山

今年最初のかめの子山行は奥多摩の陣馬尾根の予定でした。しかし数日前に降った雪で登山口の蛇沢からの登りはかなりの積雪とか。ビジターセンターに確認したところ一般的でないこのコースはトレースも付いていなようで稜線上は50cmほどの積雪と言います。このためコースを変更して丹三郎尾根から御岳山を目指すことにしました。

シーズン中はたくさんのハイカーで賑わう青梅線も、この時期訪れるハイカーの数はそれほど多くありません。それでも日向和田で数人、御嶽駅で数人と乗客を下ろした電車は古里駅にたどり着きました。

古里駅前に案内板
丹三郎尾根登山口の入り口
登山口に電気柵のゲート
杉林の暗い登りが始まります

駅前で準備体操をしたのち青梅街道を横切り丹三郎尾根の登山口を目指します。東京や横浜に大雪をもたらせた雪も奥多摩周辺ではあまり多くないようで国道沿いには残雪もありません。それでも見上げる稜線は白い雪で覆われていました。

電気柵が張り巡らされた登山口からは暗い杉林の中の登りが始まります。杉の枯れ葉が積もる登山道には霜柱が立っているものの雪はそれほど多くはありません。

ジグザグに登って行く登山道は視界も無く単調な登りです。しばらくすると猟犬を連れたハンターが下りてきました。今日は13人ほどでイノシシ狩りと言います。ハンターの高齢化と原発事故の影響で野生動物の肉が食用にならないことなどもあって、駆除されるイノシシやシカなどの数が少なくなっているようです。ここ奥多摩でも野生動物が増え熊の目撃などまで報告されているようです。ハンターの方の話では民家の軒先にニホンカモシカが出始めていると言っていまいた。

雪はそれほど多くありません
杉林の途中で小休止
登山道に飯盛り杉
稜線には吹きだまりも

飯盛り杉を越えると明るくなった稜線を登って行くようになります。木立の先には雪を被った川苔山の稜線が見えていました。

846m付近の稜線は風が吹き抜けるところのようで、深い吹きだまりが出来ています。稜線を避けるようにふみあとが続いているものの、膝ほどの深さの吹きだまりに壺足の跡が点々と続いていました。

大塚山は巻き道をたどり
テーブルもあるベンチ
途中のベンチで昼食
コッヘルを取り出しシチュウ鍋

大塚山は巻き道をたどり御岳神社へ。途中のベンチで少し遅いようですが昼食にしました。今日のメニューはシチュウ鍋、それと上州名物というお切り込みを持て来ました。味はともかくとしても寒い山の上で温かいものを囲む昼食は美味しいものです。

ルーを入れれば出来上がり
〆はスパゲティを入れて

ここからは御岳神社へ向かうことにします。参拝客などに交じって宿坊や土産物屋の立ち並ぶ坂道を登って行きます。土産物屋を過ぎると神社の拝殿までは急な石段が続きます。雪が張り付いた急な石段は少し重たいくなったお腹には少しきつい登りでした。

 御岳山〜御岳ケーブル

御岳山神社の朱塗りの拝殿からは青空の下に日ノ出山の頂、その先は八王子、さらに都心のビル群などが霞んでいるようです。濁った空に融け込んでいるのかスカイツリーなどは見付けることが出来ませんでした。

御岳神社から眺める日の出山
御岳神社の拝殿
帰りは御岳ケーブル駅へ
ケーブルで滝本駅へ

大岳山まで足を延ばしたのか、石段の傍にはアイゼンを取り外そうとしているハイカーの一団がいました。この山域は雪が多いこの時期にも比較的気楽な山登りを楽しむことの出来そうなコースを選ぶことが出来るようです。

日ノ出山に立ち寄ろうと言う話もありましたがこの時間では無理と言うもの、帰りは御岳ケーブルで滝本駅に下ることにしました。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。
その他のコース・山行記録
 山行記の訪問者数 今月:59件 累計:3809件
 Back