topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 筑波山(湯袋峠コース)〜北斜面から登る湯袋峠コースは静かな登山道〜 


標高
筑波山875.9m(日本百名山・関東百名山)
山域
茨城
登山日
2012年12月2日(日)
歩行時間
登り2:00、下り2:05、合計4:05
歩行距離
3.6km
標高差
695m
累積標高差
+760m、-760m
登山口
mapon湯袋峠下
交通機関
 常磐道土浦北ICから28km
登山コース
湯袋峠下−キャンプ場−筑波山−ユースホテル跡−キャンプ場−湯袋峠
コースmap
筑波山・湯袋峠   
筑波山・湯袋峠
GPSをクリックするとGPSLogをダウンロード、表示をクリックすると山行コースを表示します。
緯度: 経度:
Panorama

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
筑波高原キャンプ場からの展望(Windows liveで作成)

湯袋峠から関東ふれあいの道を登って行くと筑波高原キャンプ場です。この時期、人気のいないキャンプ場のベンチからは広い展望を楽しむことができます。男体山を中心として皇海山から奥白根山や女峰山、それから続く青い稜線の先には山頂を雪で輝かせる那須の山も見えていました。

 

山行の記録

 湯袋峠登山口〜筑波高原キャンプ場〜女体山

湯袋峠登山口(8:35)−(0h55m)−筑波高原キャンプ場(9:30/40)−(1h05m)−女体山山頂(10:45/11:00)−(0h20m)−御幸平手前(11:20/12:05)−(1h00m)−筑波高原キャンプ場(13:05/15)−(0h45m)−登山口14:00

 

何時もたくさんの人で賑わう筑波山には多くの登山コースが開かれています。筑波神社から山頂を目指すコース、つつじが丘から女体山の山頂を目指すコースなどが代表標的なコースです。今回山頂を目指すコースは湯袋峠から関東自然歩道をたどり筑波高原キャンプ場へ、ここから女体山の山頂を目指すコースで春先には色々な花を楽しむことができるところと言われています。

登山口は湯袋峠から少し下った所にあります。湯袋峠のすぐ下にも幾つかの踏み跡があるようですがあまり登る人もいないようで荒れているようです。2台ほど停められる駐車スペースに車を停め登山口へ、ここは関東ふれあいの道として整備されているところで道標などもしっかり整備されています。

湯袋峠の登山口
杉林の中を登って行きます
沢沿いの登山道には小さな滑滝
枯れた葉は白く雪化粧

苔むした石畳のような沢沿いの登山道は杉林の中を緩やかに登り始めます。途中にはこの沢に住むと言うハコネサンショウウオやサワガニの説明をした案内板がありました。

古そうな石段を登ると尾根筋にたどり着きます。落ち葉が厚く降り積もる道には雪も積もり始めています。その上に落ちる赤や黄色に色付いたカエデの葉が目を楽しませてくれます。

しばらく登ると筑波山を周遊する林道です。ここで道を右に、しばらく林道を歩くと筑波高原キャンプ場にたどり着きました。

苔むした石段の登り
人気もいない筑波高原キャンプ場
キャンプ場のベンチからは日光の山が

テントサイトやバンガローなどの立ち並ぶキャンプ場はこの時期閑散としています。視界が開けるベンチからは秋空の下に広い展望を楽しむことができます。

ここからは雑木林の中をたどる尾根道です。木の階段なども整備された登山道は緩やかに山頂を目指して登って行きます。木立の先には山頂に林立するアンテナ群も見え隠れしていました。

木の階段の道
雑木林の登り
山頂直下は雪の中
人で溢れる女体山直下の広場

途中、数人の若者が下ってきます。16日に行われる、筑波山トレイルランのトレーニングに登っているようで元気に「当日はカンバリます〜」。しかしトレイルラン用のシューズで雪の山道を歩くのはかなり厳しいものがありそうです。

山頂が近付くと雪も多くなり辺りを白く包み込んでいました。最後の急坂をジグザグに登るとたくさんの人で溢れる女体山直下の広場にです。

山頂からは展望が開け
たくさんの人で溢れる女体山

ここから女体山の山頂までの氷が張り付いた石段、スニーカーなどで登ってきた家族連れは子供の手を取りながら恐る々石段を登っていました。雑踏に包まれる山頂にも展望が広がっていますが午前中には見えていた富士山の姿はありません。霞んだ空の下にスカイツリーを見付けることができるだけでした。

女体山〜御幸ヶ原〜筑波高原キャンプ場〜湯袋峠

昼食はガマ岩から少し下ったベンチです。かなり冷えているようでゆっくり食事を楽しむことは出来そうにありません。

御幸ヶ原の上に男体山
御幸ヶ原からユースホテル跡へ
明るい道を下って
登山道コースの案内板

御幸ヶ原からはユースホテルがあったと言うコースを下って行きます。下りは用心をして軽アイゼンを付けて下ることにしました。やはりこの時期、ザックの中に軽アイゼンを入れておくのは必要なようです。

単車などであれば登ってくることが出来そうな登山道は距離が短いと言うこともあって午後になっても登ってくる人がいます。マウンテンバイクを押しながら登ってくる中年の人もいました。この山はハイキングにとどまらず、トレイルラン、マウンテンバイクなど色々な楽しみ方ができるようです。

林道を右に折れキャンプ場へ
女の川の案内板

駐車場のあるユースホテルのあった広場からは林道歩き、途中道を右に折れるしばらく歩くと筑波高原キャンプ場です。雲が広り始めた薄暗い空の下からは展望を期待することができません。ここからは湯袋峠への道を下って行くだけです。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。
その他のコース・山行記録
 山行記の訪問者数 今月:126件 累計:6850件
 Back