topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 大山三峰山〜小さいながらも3つの頂を持つ岩峰からサブコースへ〜 


標高
大山三峰山 934.6m
山域
丹沢
登山日
2011年1月25日(火)
歩行時間
合計 6:25
歩行距離
12.5km
標高差
780m
累積標高差
+1104m、-1104m
登山口
mapon清川村駐車場
交通機関
 東名道厚木ICから15km
登山コース
清川村駐車場−物見峠分岐−大山三峰山−大山・不動尻分岐−不動尻−清川村駐車場
コースmap
大山三峰山 登山コース   
大山三峰山 登山コース
GPSをクリックするとGPSLogをダウンロード、表示をクリックすると山行コースを表示します。
緯度: 経度:
Panorama

何時も家族連れなどで賑わっている大山の山麓に小さな頭を持ち上げる山は大山三峰山、小さいながらも3つの頂を持つ岩峰です。しかし最近は登山道の崩壊などが進み気軽なハイキングの山から敬遠され始めてきたようです。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
雪を纏った丹沢の稜線 (PanoramaMakerで作成)

登山口の煤ヶ谷には駐車場がありません。当初は谷太郎川林道の路肩に車を停めようと思っていましたが清川村役場下の広い駐車場が使用できるようです。ここに車を停め山頂を目指すことにします。

山行の記録

 コースタイム詳細

清川村駐車場−(0:15)−登山口−(0:45)−355m附近−(0:50)−山の神−(0:10)−物見峠分岐−(1:40)−三峰山−(0:40)−不動尻分岐−(0:45)−大山不動尻分岐−(0:35)−不動尻−(0:40)−谷太郎林道終点−(0:45)−清川村駐車場

 

 煤ヶ谷〜物見峠分岐〜大山三峰山

煤ヶ谷のバス停から谷太郎川に沿った集落を進むと右手に登山口の道標。正住寺というお寺の駐車場の傍が登山口です。

煤ヶ谷の登山口
煤ヶ谷のバス停
登山口
お寺の傍に登山口

登山口からは暗いスギ林の中の登りが始まります。この付近はシカの被害も多いところのようで登山道にはシカ除けのゲートもありました。また近くの仏果山でもそうでしたが春先から秋口にかけてはヒルの対策が必須。登山口にはヒル除けのスプレー、ゲート近くに置かれた箱の中にはヒル用に塩が用意されていました。

降り積もる枯れ葉を踏み締めながら暗い杉林の登りに汗を流します。気温はかなり低いようですが日向になると結構気持ちの良いものです。木の階段など整備が行き届いた登山道はジグザグを繰り返しながら高度を上げていきます。

たどり着いた物見峠への分岐点はベンチのあるところで、道端には「三峰山は鎖場などが多く経験者向きの登山道です。無理をしないで引き返す勇気が必要・・」という案内板も立っていました。

シカ除けの柵
シカ除けの柵
物見峠への分岐
物見峠への分岐
階段の登山道
雪の目立ち始めた階段の道
崩壊が進んだ尾根道
右手は崩壊しています

さらに登っていくと登山道には雪も目立ち始めてきます。右手に辺室山の頂が見え始めるようになると古いお堂が祀られる山ノ神です。

幾分緩やかになった登山道は稜線上の分岐点にたどり着きました。物見峠から登ってくる登山道を合わせるところで、峠から登ってくる人がいるのか登山道には幾つかの足跡も見えています。

ここからは三峰山の山頂を目指す稜線歩きが始まります。右手は崩壊が進んでいるようで谷筋に向かって切れ落ちているところもあります。

崩壊したことにより視界に恵まれ、目の前には大山から塔ノ岳、丹沢山へと続く稜線が白い雪を斜面に張り付かせています。目を右に写すと遠く奥多摩の稜線が冬空の下に続いていました。

丹沢の稜線
稜線からは塔ノ岳や丹沢が
第1峰への登り
第1峰への階段の登り
雪の階段
途中には雪の張り付いた桟道

やがて登山道は第1峰への急な登りになります。雪の張り付いた木の階段を登ると小さな頂、ここからは鎖が張れらた痩せた尾根を下って行きます。雪が無ければ鎖を頼りにする必要もなさそうですが、雪の岩場はやはり気が抜けないものです。

階段や鎖を頼りに小さな頂を越える三峰山の山頂です。山頂はベンチの置かれた小さな広場で辺室山を通ってきたという横浜の女性パーティが昼食の最中でした。

 大山三峰山〜不動尻分岐〜大山不動尻分岐〜不動尻〜煤ヶ谷

山頂で昼食ののち唐沢峠を目指すことにします。鎖や桟道を頼りに小さな頂を越えると登山道は広くなった尾根を下って行くようになります。

大山三峰の山頂
大山三峰山の山頂
雪の桟道
山頂の先にも桟道や鎖場
不動尻への分岐
不動尻への分岐点
雪の尾根道
サブルートは雪の尾根道

ここで道を間違えベンチの置かれたところから谷に向かって下って行きました。この道は新しく付け替えられた道のようですがとんだ道間違えです。

分岐点に戻り尾根通しに唐沢峠へ。サブルートと言うこともあり歩く人はあまりいないようです。白く積もった雪で踏み跡も消されがちで、白いテープを頼りに尾根を下って行きます。

唐沢峠へ向かう鞍部は不動尻から大山へと向かう登山道の分岐。大山へ2.5kmの道標も建っていました。山頂付近の岩場で時間がかかったのか時計はすでに3時半、今から唐沢峠を越え鐘ヶ嶽に向かうのは無理というものです。今回は直接不動尻に下ることにしました。

暗い杉林の中をジグザグに下って行きます。この道は大山への登山コースの一つとして整備されているようで道標などもよく整備されています。木の間越に唐沢峠から鐘ヶ嶽へと続く稜線が見え隠れしていました。

大山と不動尻の分岐
大山と不動尻の分岐
不動尻
たどり着いた不動尻
谷太郎川沿いの道
谷太郎川沿いの道
谷太郎林道の終点
谷太郎林道の終点

たどり着いた不動尻はキャンプ場のあった所ですが今は閑散としています。煤ヶ谷へは谷太郎川の川岸を下っていくことになります。川沿いに続く道は小さな鎖場もあり登山道そのもの。地図の上では小道でもあったと思っていましたがとんだ感違いです。

谷太郎川の終点からは林道歩きが始まります。そろそろ日も落ち始めるころ煤ヶ谷の集落にたどり着きました。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。
その他のコース・山行記録
 山行記の訪問者数 今月:254件 累計:10180件
 Back