topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 竜ヶ岳〜富士山と南アルプスを一望する山〜 


標高
竜ヶ岳 1,485m
山域
富士山周辺
登山日
2007年11月26日(月)
歩行時間
登り1:50、下り1:25、合計3:15
歩行距離
6.1km
標高差
580m
累積標高差
+612m、-612m
登山口
mapon本栖湖キャンプ場
交通機関
 中央道河口湖ICから21km
登山コース
本栖湖キャンプ場−0:55→小ピーク−0:15→展望台−0:40→竜ヶ岳−1:25→本栖湖キャンプ場
コースmap
竜ヶ岳 登山コース
竜ヶ岳 登山コース

 

竜ヶ岳は山梨百名山にもその名を連ねる山です。竜ヶ岳は精進湖湖畔のパノラマ台と同じように富士山の好展望台として有名な山です。以前は東海道自然歩道が通る端足峠から登って行く登山道が利用されていたようですが、本栖湖湖畔の青少年スポーツセンターから登る登山道が整備されてからは気軽なハイキングの山として家族連れなどにも利用されていると言います。

山行の記録

 本栖湖キャンプ場〜竜ヶ岳

駐車場からキャンプ場の中の舗装された道を登り始めます。左にはこれから登る二十六夜山が真っ青に晴れた秋空の下に頭を持ち上げています。道端に立つ標柱に導かれながら急な雑木林の坂道を登って行きます。登山道の途中には椅子が置かれた東屋も建っていました。

たどり着いた稜線上の小さな広場で小休止。目の前には青く水をたたえる本栖湖、その奥には白い雪を抱いた北岳と間ノ岳、その右手には鳳凰三山がそびえています。振り返ると青木ヶ原の樹海の上に富士山がそびえていました。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
青木ヶ原の樹海の上にそびえる富士山 (PanoramaMakerで合成)

山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
竜ヶ岳から眺める北岳、間ノ岳、鳳凰三山と八ヶ岳 (PanoramaMakerで合成)

小休止ののち、明るいクマザサの尾根道を登って行きます。たどり着いた稜線上の小さな広場には東屋風の展望台が建っています。目の前には広くすそ野を広げた富士山。それから広がる青木ヶ原の樹海の先には秋葉台の小さな頂、その奥には杓子山や御正体山、さらには十二ヶ岳や王岳、節刀ヶ岳など西湖周辺の岩峰が一望できます。

展望台からは明るいクマザサの尾根道をジグザグに登って行きます。振り返ると青空の下にそびえたつ富士山、葛飾北斎の凱風快晴さながらの頂が我々を見つめているようです。明るい稜線は緩やかにジグザグを繰り返しながら山頂を目指します。途中、本栖湖へ下って行く道を右にわけ、緩やかになった笹原をひと登りすると竜ヶ岳の山頂です。

登山口は本栖湖キャンプ場
クマザサの稜線を展望台へ
展望台から眺める富士山
広く開けた竜ヶ岳の山頂
竜ヶ岳から眺める南アルプスの山々
西湖と王岳や十二ヶ岳、紅葉台が一望できます

 竜ヶ岳〜本栖湖キャンプ場

帰路は本栖湖へと下ることにします。山頂直下の分岐点で道を左に。葉を落とし始めた梢の先に本栖湖を眺めながら雑木林の中の道を下って行きます。ジグザグに下って行く登山道はあまり人が歩いていないようです。厚く落ち葉が積み重なり歩くたびカサコソと心地よい音をかなでてくれます。目の前に青少年スポーツセンターの白い屋根が見え隠れすると、付近の雑木林には紅葉が目立ち始めます。真っ赤な紅葉が明るい秋の光の中に、今年最後のあでやかさを競っていました。

その他のコース・山行記録
TAG:天子
 山行記の訪問者数 今月:40件 累計:5885件
 Back