topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 樽前山〜大きなドームを持つ樽前山は今も噴煙を上げる活火山〜 


標高
樽前山 1,025m
山域
北海道
登山日
2000年8月16日(水)
歩行時間
登り0:45、下り0:30、合計1:15
歩行距離
3.1km
標高差
366m
累積標高差
366m、-366m
登山口
mapon樽前山七合目
交通機関
 札幌駅から60km
登山コース
樽前山七合目 −0:45→ 樽前山山頂 −0:30→ 樽前山七合目
コースmap
樽前山 登山コース
樽前山 登山コース
 

1909年(明治42年)の噴火により、巨大な熔岩ドームが形成された樽前山は三重火山として有名な山です。今も溶岩ドームを中心として噴気活動が続いているため、熔岩ドームの登山は禁止されています。このため外輪山の最高点である東山が実質的な山頂。七合目の樽前ヒュッテから1時間にも満たない山は、家族連れを中心としたハイキングの山として、たくさんの人が訪れています。

また、1,000メートルを僅かに越える道央の山としては高山植物も比較的多く、登山道には斜面をピンクに染めるコケモモの群生地。イワブクロの別名タルマエソウはこの山にちなんで名付けられた花です。

札幌から国道453号線をたどり支笏湖へ。モラップから針葉樹の林の中に続く山道をしばらく登ると、七合目の駐車場にたどり着きました。広い駐車場もたくさんの車で込み合っていました。

山行の記録

 登山口〜樽前山

駐車場脇の登山口で登山者名簿に名前を書いてから、明るいミヤマハンノキの林の中を緩やかに登り始めます。ちょうど夏山の花が咲き終わる時期のようで、あまり目立った花も見つかりません。

しばらく登ると展望も開け、火山特有の赤茶けた砂礫の道を登って行くことになります。振り返ると低い雲の下に支笏湖が青い水をたたえていました。8月も中旬になったと言いながら、やはり低い山は暑いものです。

単調な登山道にひと汗を流すと、やがて外輪山の一角にたどり着きます。ここから道を右に。強い風が吹き抜ける稜線をひと登りすると、実質の山頂である東山の頂にたどり着きました。今、樽前山は火山活動が活発化しているということで、火口原は立ち入り禁止になっています。もちろん、中央火口丘のそばにある噴気口に立ち寄ることも出来ません。この風の中では、山頂で昼食を取る気にもなりません。今日はおとなしく登山口に戻ることとします。

Panorama
樽前山から眺める風不死岳と支笏湖
その他のコース・山行記録
TAG:洞爺・支笏
写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 山行記の訪問者数 今月:21件 累計:2537件
 Back