topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 瑞應山光明寺(ぐみょうじ)

 寺社の種類:高野山真言宗の寺院
 創建の時期:伝・天平9年(737年)、開基:伝・行基
 札所:坂東三十三観音 第14番、武相不動尊 第18番
 所在地:神奈川県横浜市南区弘明寺町字山下267
 訪問日:2018年1月11日

 

横浜市内で最も古い高野山真言宗のお寺です。寺伝によると天平9年(737年)に行基が十一面観音像を刻んで堂宇を建てたのが始まりと言い、弘仁5年(814年)には弘法大師空海が訪れ護摩を行い、歓喜聖天を刻んで安置したと伝えられています。

参拝客でにぎわう商店街
弘明寺の山門
弘明寺の山門
瑞應山の扁額

地下鉄弘明寺駅から弘明寺観音に通じる道は弘明寺の商店街です。飲食店などのほか野菜なども商うスーパーもありたくさんのお客で賑わっています。

山門に仁王像
山門に仁王像
参道に不動明王と馬頭観音
大香炉の先に石段が

仁王像が祀られた山門から急な石段を登って行きます。途中には京浜急行設立100周年を記念して奉納された身代わり地蔵が祀られていました。

石段の脇に六地蔵
石段の途中に身代わり地蔵
石段を登ると本堂
坂東14番霊場の本堂
本堂には大きな扁額
御手水場

本尊の十一面観音は平安時代中期の作で国指定の重要文化財に指定されています。現存する本堂は明和3年(1766年)に再建されたもので、一部には旧本堂の木材が使用されていると言います。

弘明寺の案内板
大きな鐘楼
参道に地蔵祠

また境内の梵鐘は江戸神田に住む西村和泉守藤原政平という鋳物師が寛政10年(1798年)に作ったものです。川崎大師平間寺の梵鐘も同人の作と言います。

 Back