topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 青龍山寶生寺

 寺社の種類:高野山真言宗の寺院
 創建の時期:承安元年(1171年)、開創:法印覺清
 本尊:大日如来
 札所:東国八十八ヵ所霊場53番、横浜觀音三十三観世音霊場31番、横浜弘法大師二十一箇所21番、横浜磯子七福神の寿老人
 所在地:神奈川県横浜市南区堀ノ内町1-68
 訪問日:2018年1月11日

 

横須賀街道近くの住宅地の中にある高野山真言宗のお寺です。本尊は慶長6年(1601年)に覚園寺塔頭から移された大日如来です。多数の古文書や仏画を所蔵しており、横浜の地名が出てくる最も古い文書が残されていると言います。

観世音の道標
石段の上に山門
横浜市指定文化財の案内板
弘誓院にもあった寺林の案内板

境内には宝塔や宝篋印塔、関東大震災の韓国人慰霊碑などがあります。横浜市の有形文化財に指定されている本堂は延宝8年(1680年)に灌頂堂(かんじょうどう)として建てられたものと言います。

境内の奥に本堂
御手水場
寶生寺の案内板
山門脇に宝塔
関東大震災の韓国人慰霊碑
鐘撞堂
境内の奥に本堂
横浜観音霊場の扁額
大日如来の前に寿老人
宝生寺の朱印
山門脇に宝篋印塔
宝篋印塔と五輪塔

案内板には有形文化財に指定されている印信集が紹介されています。印信は密教で師僧が秘法を伝授した証拠として弟子に授与する書状で、南関東における東密の動向を示すものとして重要と言います。

関連記録・コース
TAG:g横浜磯子七福神
 
 Back