topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 岡津城

 城郭の構造:平山城
 築城の時期:室町時代から戦国時代、築城主:上杉朝良
 廃城の時期:1606年(慶長11年)
 主な城主:扇谷上杉氏、太田氏、彦坂氏
 所在地:神奈川県横浜市泉区岡津町
 訪問日:2017年12月10日

 

扇谷上杉氏・上杉定正の養子、上杉朝良の居城です。1512(永正9年)には北条早雲によって攻略されました。岡津城は江戸衆の太田大膳亮に与えました。

1590年(天正18年)に北条氏が滅亡し、徳川家康が関東に入封したのちは彦坂元正が当地の代官として赴任し、岡津陣屋が置かれましたが、1606年(慶長11年)に改易されたため陣屋も廃されました。

本丸跡は岡津中学校のグラウンドになっており、曲輪跡とされる三嶋神社の前には土塁が残っていると言います。

三嶋神社の鳥居
三嶋神社の拝殿
拝殿の裏
住宅地との境にフェンス

付近は住宅地として開発が進み以降は残っていないようです。三嶋神社の拝殿の裏手には土塁などがあるようですが確認できませんでした。

 Back