topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 高家神社(たかべじんじゃ)

 寺社の種類:式内社(小)・郷社
 創建の時期:-
 主祭神:磐鹿六雁命、天照皇大神稲荷大神
 本殿の様式:-
 所在地:千葉県南房総市千倉町南朝夷164
 訪問日:2017年11月25日

 

高家神社の由緒書では、磐鹿六雁命の子孫の高橋氏の一部の者が、祖神に縁のある安房国に移り住み氏神として祖神を祀ったされている。料理の祖神を祀る神社として料理関係者や醤油醸造業者などから崇敬される神社です。

駐車場に高家神社の案内板
駐車場に石柱
参道の鳥居
参道に続く石段

茅葺の拝殿は長い石段の参道を登ったところにあります。料理関連の神社らしく境内には包丁塚や石碑などもありました。

御手水場
石段の上に拝殿
茅葺の拝殿
拝殿の内部
拝殿に神額
神輿蔵
拝殿脇に社
拝殿の奥に本殿
包丁塚
結界の中に水道栓

春夏の例大祭や新穀感謝祭では、平安時代の宮中行事を再現した包丁と箸のみで魚をさばく庖丁式が行われると言います。日本料理の伝統をかいま見ることができるところです。

 Back