topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 伊曽乃神社(いそのじんじゃ)

 寺社の種類:式内社(名神大)、旧国幣中社、別表神社
 創建の時期:(伝)第13代成務天皇7年
 本殿の様式:神明造
 所在地: 愛媛県西条市中野甲1649
 訪問日:2017年9月27日

 

1800年以上の長い歴史がある神社でで古くは伊予国第一の大社であったと伝えられています。社伝によれば伊予御村別(みむらわけ)の祖の武国凝別命(景行天皇の皇子)が東予地方を開拓するにあたり、皇祖神である天照大神を祀ったことに始まると言います。

境内には木花開耶姫(このはなさくやひめ)のブロンズ像があります。境内社の古茂理(こもり)神社に木花開耶姫が祀られているため安産祈願の参拝客が多く訪れるところです。

大きな石鳥居から石畳みに覆われた参道が始まります。参道には奉納石碑が建ち並んでいました。神門をくくると菊の幔幕が張られた大きな拝殿です。瑞垣の中には神明造の本殿が建っていました。

境内には天満神社、加茂・神戸両郷内諸社遥拝所、瑞枝神社、鎮守神社(又野神社)、御先神社の摂社が祀られていました。境内社の古茂理神社は神門の向かいの杉林の中に祀られていました。

参道の石鳥居
石畳の先に石鳥居
國幣中社の石柱
参道に鉄鳥居
奉納石柱が並ぶ参道
参道に注連柱
社務所
境内にご神木
御手水場
神門
大きな拝殿
菊の幔幕が張られた拝殿
拝殿の内部
瑞垣の中に本殿
木花開耶姫のブロンズ像
摂社の天満神社
加茂・神戸両郷内諸社遥拝所
摂社の瑞枝神社
鎮守神社(又野神社)
御先神社
境内社の古茂理神社
古茂理神社
古茂理神社の本殿
 Back