topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 高松城・玉藻城(たまもじょう)

 城郭の構造:輪郭式平城
 築城の時期:天正18年(1590年)、生駒親正
 廃城の時期:明治2年(1869年)
 主な城主:生駒氏、松平氏
 所在地:香川県高松市玉藻町2?1
 訪問日:2017年9月25日

 

高松城は豊臣秀吉の四国制圧の後、1588年(天正16年)生駒親正によって築城が始まったもので江戸初期に徳川光圀の兄で常陸国から12万石で高松に移封された松平頼重によって改修されたものです。

近世の海城としては最初で最大の城として知られています。城跡は玉藻公園として整備され、三重櫓や門など一部の建物と一部の石垣、堀が現存しています。

高松城の西門
高松城の入り口
入場料は200円
高松城の案内板
二の丸では菊祭りの準備
鉄門の先は披雲閣庭園
本丸へと続く鞘橋
鞘橋の案内板

夕闇が迫り始めた公園内では菊祭りの準備が行われているようで幾つものテントが張られていました。城郭の形式は輪郭式平城で城壁は瀬戸内海に面し堀には海水が引き込まれていると言います。城内に直接軍船が出入りでき水軍の運用も考えられた本格的な海城とされています。

二の丸から鞘橋と呼ばれる屋根付きの橋を渡ると本丸です。本丸の外れには天守台があります。かつては3重4層の天守閣がありましたが老朽化により1884年(明治17年)に解体され、松平家初代藩主松平頼重を祀った玉藻廟が建立されました。

内堀の上に天守台
本丸の石垣
地久櫓
本丸に天守台
天守台から眺める内堀
天守台から眺める内堀
天守台修理工事の案内板
地下一階発見の案内板

2006年より始まった天守台石垣の解体修復工事に伴い、玉藻廟はすべて解体され天守閣の復元計画が進んでいると言います。

海につながる水門
鉄門の案内板
高松藩の泳法の案内板
水門
水門の案内板
内堀の上の天守台
披雲閣
披雲閣庭園
披雲閣庭園
披雲閣
披雲閣庭園の案内板
月見櫓の案内板
月見櫓
月見櫓
 Back