topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 息栖神社

 寺社の種類:国史見在社、旧県社
 創建の時期:(伝)第15代応神天皇年間
 本殿の様式:入母屋造
 所在地:茨城県神栖市息栖2882
 訪問日:2017年9月10日

 

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮、千葉県香取市の香取神宮とともに東国三社の一社です。大鳥居の両脇には日本三霊泉の一つに数えられる忍潮井があります。

主祭神は久那戸神/岐の神(くなどのかみ)は道の分岐などに祀られ邪霊の侵入を防ぎ旅人を守護する神様です。相殿に祀られた天鳥船神(あめのとりふねかみ)は交通守護の神様で、鹿島大神の御先導をつとめられた神様です。

駐車場に続く二の鳥居
息栖神社の案内板
二の鳥居から続く参道
参道に稲荷神社の鳥居
稲荷神社
参道に神門

関東以北の人は伊勢に参宮すると下三宮巡りと称してこの東国三社を参拝したと言います。参拝客が利用する息栖の河岸は利根川水運の拠点として江戸時代から大正時代まで栄えたという。

御手水場
息栖神社の由緒書き
力石
境内社
神札授与所
朱塗りの拝殿
拝殿の内部
朱塗りの拝殿

大鳥居の両脇に設けられた井戸は忍潮井です。水底を覗くと男瓶と女瓶あり1000年以上もの間、清水を湧き出し続けてきたとされています。湧き出る清水は伊勢の明星井(あけぼのい)山城の直井と並び、日本三霊泉の一つに数えられています。

息栖ゆかりの歌碑
忍潮井(おしおい)の案内板
日本三霊泉の一つ忍潮井
息栖神社と河岸の案内板
息栖の津に一の鳥居
息栖の津・渡船場跡
関連記録・コース
 Back