topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 秩父御嶽神社

 寺社の種類:村社
 創建の時期:明治27年(1894年)
 本殿の様式:−
 所在地:埼玉県飯能市坂石550−2
 訪問日:2017年8月26日

 

木曽御嶽山の分霊をまつる神社です。福寿山の山頂の本殿までは直線で365段の石段、その間には多くの社など祀られています。

秩父御嶽神社の石柱と鳥居
参道脇に奉納された下駄
秩父御嶽神社の石柱
東郷公園・秩父御嶽神社の案内
参道の社務所
舗装された参道

広大な境内は東郷元帥の像や乃木大将の像が祀られた東郷公園で、日露戦争の遺物や記念品などが点在、戦艦三笠の被弾甲板なども飾られています。

石の階段が始まります
たくさんの石碑と清貫一誠霊神像
日露戦争の砲弾と施設水雷
鳥居の先に東郷元帥像
東郷元帥銅像
東郷元帥銅像の案内板
戦艦三笠、弾痕の甲板
奉納旗が続く急な階段
参道の脇に清龍不動堂
階段の上に乃木神社
石段の脇に小さな社
石段の上は祈祷殿
祈祷殿
祈祷殿の内部
秩父御嶽神社の神額
本社へと続く急な石段
子どもの成長・虫加持
大江大権現
阿留摩耶大権現
三笠大権現
三笠大権現の神額
秩父御嶽神社の拝殿
拝殿の内部
拝殿から眺める吾野

また、参道沿いにはモミジや楓が植えられ秋には飯能一の紅葉スポットとなるところです。

急な石段を下って行きます
福寿大黒天
東郷神社
東郷神社の内部
東郷元帥が休憩した至誠館
ロシアの山砲
乃木神社
乃木大将銅像

木曽御嶽信仰においては、御嶽大神、八海山大神、三笠山大神の三神が祀られることが多いと言います。現地の案内板によると主祭神は国狭槌尊八海山堤酢頭羅神王、国常立命御嶽山蔵王権現、豊斟淳尊三笠山刀利天となっていました。

明治の神仏分離令以降、御嶽山座王大権現は御嶽大神と呼称されるようになり、座王権現を国常立尊とし従来の大己貴命、少彦名命あわせた三柱が御嶽山座王権現と考えられるようになったようです。ネット上でも秩父御嶽神社の主神は國常立尊少彦名命大己貴命となっています。

関連記録・コース
 Back