topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 定額山善光寺(甲斐善光寺、甲府善光寺、甲州善光寺)

 寺社の種類:浄土宗の寺院
 創建の時期:永禄元年(1558年)、開基:武田信玄
 本尊:善光寺如来(秘仏、重要文化財)
 所在地:山梨県甲府市善光寺3−36−1
 訪問日:2017年7月23日

 

善光寺は武田信玄が川中島の合戦のとき信濃善光寺の焼失を恐れ、永禄元年(1558年)御本尊善光寺如来をはじめ諸仏寺宝類をこの地に奉遷したことに始まります。

善光寺の山門
駐車場に南無阿弥陀仏の石碑
参道の先に朱塗りの本堂
参道に石仏
参道に石仏
参道に石仏

武田氏滅亡により、御本尊は織田、徳川、豊臣氏を転々といたしましたが、慶長三年(1598)信濃に帰座しました。甲斐善光寺では新たに前立仏を御本尊と定め、本坊三院十五庵を有する大寺院として浄土宗甲州触頭を勤め、徳川家の位牌所にもなっていると言います。

参道の御手水場
朱塗りの本堂
精緻な彫刻が施された本堂
本堂の内部に善光寺の扁額
柱に仏身円満無背相 十方来人皆対面
境内にお釈迦さん
北浦翁の石碑
芭蕉の月景塚

参道脇の駐車場には乗用車のほか数台の観光バスも停まっていました。参道にはお土産屋さんが1件、石畳の参道の奥に大きな本堂が建っていました。

善光寺の扁額が掲げられる本堂の柱には善導大師「仏身円満無背相 十方来人皆対面」の額が懸かっています。仏前では檀家の方の法要がなされているようで広い本堂に読経の声が響いていました。

 Back