topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 要害山城

 城郭の構造:山城
 築城の時期:永正17年(1520年)、武田信虎が築城
 廃城の時期:慶長5年(1600年)
 主な城主:武田氏、徳川氏、加藤光泰
 所在地:山梨県甲府市上積翠寺町
 訪問日:2016年4月15日

 

要害山城は躑躅ヶ崎館の詰めの城として築かれた山城です。築城は武田信虎時代の永正17年(1520年)、詰めの城として砦や狼煙台が築かれました。

やまなしの歴史文化公園の案内板
要害山の案内板
竪堀跡
竪堀跡と土塁

大永元年(1521年)今川の属将福島正成が甲斐に侵攻しました。この危機に信虎は正室の大井夫人を要害山城に避難させました。この戦乱の直後、大井夫人は要害山で嫡男の太郎(のちの武田晴信、信玄)を出産しました。

晴信の時代にはも要害山は躑躅ヶ崎館の詰めの城として存続していました。武田勝頼が長篠・設楽ヶ原合戦の敗北すると天正4(1576年)要害山城の修築を命じています。

門跡
曲輪
不動曲輪
武田不動

武田氏滅亡の後、甲斐は徳川氏が領有することになりましたが、家康が関東に移封されると甲府には羽柴秀勝が任じられ、甲府城を完成させて移ったため躑躅ヶ崎館とともに要害山城は廃城になりました。

門跡
曲輪
門跡
門跡

赤松林の中をジグザグに登る登山道に沿って竪堀や曲輪跡が残っています。不動曲輪には武田不動が祀られていました。

武田信玄誕生の碑
山梨百名山の道標
主郭部
堀切跡
竪堀跡
竪堀

土塁に囲まれた主郭の中央には武田信玄誕生に地の大きな石碑が建っていました。

関連記録・コース
 Back