topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 古峯神社(ふるみねじんじゃ)

 寺社の種類:神社
 創建の時期:−
 主祭神:日本武尊
 本殿の様式:−
 所在地:栃木県鹿沼市草久3027
 訪問日:2016年3月20日

 

古峰ヶ原に鎮座する神社で日本武尊を祀る神社です。防火、海上安全の神として崇敬を受け多くの参拝客が訪れるところです。

駐車場近くに土産物屋さん
鳥居の脇に古峯神社の石柱
大鳥居の奉納碑
大鳥居の先に参道

古峯ヶ原は日光を開いた勝道上人の修行の場です。上人は古峯ヶ原深山巴の宿において3ヶ年の修行の後、男体山に初登頂し大日光開山の偉業を成しとげられたと伝えられています。

この縁起にもとづき、日光修験道が盛んになり深山宿を中心とした三峯五禅頂の修行が行われていました。しかし古峯神社は明治維新の神仏分離令により仏具一切を取り除き純然たる神社となりました。

境内にたくさんの奉納碑
境内に鳥居
古峯園は日本庭園
石段の上に社殿
社殿に神額
茅葺の社殿

古峯神社の大鳥居の周辺には多くの奉納碑があります。参道の途中には古峯園の入り口、廻遊式日本庭園と言いますが扉は閉まっていました。

社殿の屋根に天狗の面
境内に狛犬
境内に狛犬
奉納された天狗の面

石段を登ると茅葺の社殿が建っています。社殿の中にはたくさんの天狗の面が祀られていました。また茅葺の屋根にも真っ赤な天狗の面が掲げれれています。

古峯神社の御朱印には手書きの天狗が描かれています。デザインは20ほど、御朱印としては珍しいものです。

 Back