topimg

あの頂を越えて

史跡探訪

~歴史の流れをを訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~歴史探訪~

 唯念上人の大名号塔

 観光地の種類:史跡
 所在地:静岡県駿東郡小山町竹之下
 訪問日:2016年2月18日

 

足柄古道の栗木沢にある大きな石碑で天保10年(1839年)に地元の人々によって唯念上人の徳を偲んで建てられたものです。高さ3.8m、幅1.5mという日本一大きな名号塔です。

大きな唯念上人の大名号塔
大名号塔の説明
小山町有形文化財の説明

唯念上人は江戸時代末から明治初期に活躍した僧侶で、人々の安穏を祈るため南無阿弥陀仏の銘号碑を辻々に建てました。駿河、相模、豆州、甲斐など4ケ国に建てられた名号碑の数は一千有余と云われています。

関連記録・コース
TAG:矢倉岳から足柄古道 2016年2月18日
 
 Back